Archive for the ‘ネット界隈’ Category

2015ブロガーズフェスティバルに行ってきた

参加してきました。
取り急ぎ簡単にまとめです。
(詳細は後日)

2015101803
※写真は会場でつけていたマイ名札でした。当日の朝急遽作りました。

それは突然に。

今週末にブログに関するイベントがあるのを思い出し、行けたら行くかな程度で思っていました。
2015ブロガーズフェスティバル 【東京10月18日(日)】#ブロフェス2015 | Peatix
で、当日朝に行けそう!ってなったので、思い切って参加してきました。
申し込んだのが当日の午前9時58分・・・(笑)


まあ、ぶっちゃけて言うと「新たなる刺激を求めて」、みたいなノリで参加してきました。

ごはん食べてから、電車乗って移動したりで到着したのが12時半。もう始まってました。
2015101801

内容について。

内容は・・・とても濃いものでした。
どのセッションを聞くか迷ったレベル。

聞いてみたけど、新たな気づき、復習、いろいろとためになりました。
(詳細は後日)

そしてなによりも、今回「目標」にしたこと。
誰か一人でもいいから、いままで会ったことない人話したことない人となんでもいいから話しする。
・・・懇親会、その後の2次会でいっぱいお話できました。
意外と「もっと特長のばせるかも?」と感じました。

元々、発信することに興味が強い人間だと思いますので、すごい刺激となったのは間違いありません。
参考:何故ブログ書きたいのか?(2年前の記事)

メモのとりかた

第1、第2のセッションはポメラ(DM100)、第3はノートPC(先日買ったやつ)
2015101802
話ききながらメモとるならポメラだなと実感しました。
ノートPCは実況もさることながら、参加者の実況も気になるときに使うのに便利。

で、会場で参加者が使ってたデバイスについて。


やっぱりMacBook系多かった。圧倒的だった。
ポメラ出してたのは私くらい。
手書きメモは結構いた感。

今年、何があった?(ニュースで)

「みんな忘れてるであろう、今年のニュース」というのを見かけて、手帳を1月から全部読み直してました。

気になったニュースで自分が手帳に書いていたのは、こんなかんじでした。(ほぼ原文ママ掲載)

1月

1/8 ソフトウエア興業が倒産
1/15 大島渚さん逝去(80)
1/22 mixi 足あと(今頃)ふっかつ
1/23 三河安城駅(幹)の案内標さいご。
1/25 2/1からヤフードーム→ヤフオクドーム(福岡ドーム)
1/30 中央線 西国分寺〜国立事故(内藤橋のあたり)→長時間運転見合わせ
1/31 twitter Fav→足あと →なんだこの名称変更は!!

2月

2/8 新幹線N700A 今日から
2/9 リクルート江副氏死去
2/9
2/10 遠隔操作事件容疑者逮捕 ※ニュース記事コピーあり
2/23 福岡でPM2.5基準値over予測→超えた。 油山方面の視界が悪くなってた
2/28 俺妹2期 TVQ 4/9深夜26時〜

3月

3/11 あの日から2年たった。
3/27 LD(元)堀江氏仮釈放
3/30 今日から俺妹モノレール@千葉

4月

4/6 爆弾低気圧接近の日
4/7 全国的に風でおかしなコトとか→鉄道運行、あと東海道線の踏切事故
4/8 英サッチャー元首相死去(87) (1979〜首相)
4/13 05:33淡路島付近でM6クラスのでかい地震
4/16 ボストンマラソン爆発事件(JST AM3頃)
4/16 愛知で屋根のぼりろう城 20:41解決 ニコ生で中継してた
4/22 enchantMoon、明日予約開始
4/22 東京アニメセンター 俺妹展 4/26〜5/12

5月

5/2 「はがない」実写化は本当だった+現作者コメ
5/2 マネ虎で出た会社不渡り
5/8 ソニー社外取締役 原田泳幸氏、伊藤嬢一氏(次回の総会にて決定予定)
5/8 遠隔操作事件で再々々逮捕
5/8 「女性手帳」←少子化対策を個人問題化しているのでは?
5/15 愛生会HP ついに終了!? (昔からの人がおどろいてた)

6月

6/4 (サッカー)W杯5連出場決定
6/4 正午前:不発弾処理(JR,新幹線が運休)
   安全性を優先しつつ、影響がいちばん小さい日時
6/8 AKB総選挙……さっしー1位だった
6/11 俺妹16茶(今日から)…福岡ではまだでした
6/20 明日台風4号くる。

7月

7/7 Winny 47氏逝去

8月

8/26 2ch「●」の漏洩事故→もろに対象だった
8/30 台風接近で雨と雷がすごかった

2月

9/4 婚外子の相続について 1/2にするのは違憲である(判決)
9/6 docomoからiPhone(日経TOP)、※他、朝日等で報道有。
9/8 オリンピック開催地選挙(※8日05:20 JST)
   1st TOKYO 42 / 他2=26(マドリード落ちた)
   2nd TOKYO 60 / イスタンブール 36
9/10 (深夜) Apple発表会(見ていない)
9/19 任天堂の前会長、山内溥氏死去
9/20

10月

10/15 台風26号接近 首都圏コース
     21:53 25.2m(N)@福岡
     22:45 27.6m(NNE)@福岡
10/15 ななつ星…今日初めての運行

11月

11/3 日本シリーズ#7 楽3-巨0 →楽天日本一に(創設9年目)

12月

12/4 あの日(東日本大震災)から今日で1000日
12/8 John Lennon命日(ラジオ-bayfm78で話題) ※1980年
12/12 今年の漢字→「輪」(ニュース画像)

ここまで書いて…

……思った以上にいろいろありました。「今年だったの?」というものまで。

Google+、やめました。

Google+で私をサクっていただいた皆さんへ

はい、表題のとおりです。本日21時をもって「削除」しました。
突然のことですみません。
この2年でいろんな人と知り合えてとても楽しかったです。

でも、ここ最近いろいろと悩むところもあって、どうも「ブラウザを閉じてしまう」程度の拒絶を起こすことが増えまして。
今年9月、ここに書いたとおりでしょうか。
Google+が怖いというか息苦しい

ほかのとこで繋がってるみなさんとはこのまま仲良くいたいと思います。
改めてよろしくお願いします。

もしかしたら数ヶ月後には再開=戻ってくるかもしれませんし、それもないかもしれません。
今の時点では何も考えていません。

それ以外の皆さんへ

この記事は、「やめた自慢」ではありません。
前半の「Google+で私をサクっていただいた皆さんへ」、つまりGoogle+で私と繋がってた方へのお知らせのつもりで書きました。

あと、この記事で、Google+をdisるつもりは全くありません。
仕組みとしてはいろいろと考えられた面白いシステムではあります。
でも、「たまたま、私には何故か合わなかった」だけでした。

ふと、昔、ロリィタやっとったことを思い出したなど。

話題になっていた漫画がありましたので読んでみました。
コンプレックス・エイジ (第63回ちばてつや賞入選)/佐久間結衣 コンプレックス・エイジ – モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

あああああああああああああああああああああああああああ
俺昔ロリィタやっとったわああああああああああああああああああああああああ

………そんなことを思い出しました。
正直、来年40になるうえに、過去通ってきた道でした……なんというか、読んでて切なくなってしまったとか。

てなわけで、昔ロリィタやってた証拠です、ってことで、引っ張り出してきました。
その1
その2
取り出して、ちょっとなつかしくなってしまいました。
今はもう全然着れないですけどね(いろんな意味で)。あと、着る服の方向性が変わったのも。
もう、今着ても似合わないかなって思う。

そして。
このうちの1着は、2006年に福岡出張のときに買ったなあということを思い出したり。
2006年買った時の領収書(手帳より)
このへんをさくっと手帳で出してくるあたり、最近の私らしい…。

でも、この5年後、福岡に引っ越してるんだよね。
当時はそんなこととか全然考えてなくて。
そう考えると、結構面白い。

努力じゃ超えられない壁(天井)があるのは事実

昨晩話題にしたこのはなし


「産まれと才能 > 努力」だと思う人が、ひと昔前より増えていると感じるし、実際「努力が報われない世の中」になってると思う – 自意識高い系男子

実際、確かに、「産まれと才能」によるアドバンテージは大きいです。

まず、ちょっとこの一文は違うかなと。

この「空気」を作り出しているのは、よく言われる格差の固定化による「努力しても報われない社会」の影響なのかも知れない。

そもそも、「とにかく努力したらなんでもかなう」ってのは初めからなかったと思います。
「努力しても報われない」というのは、おそらく、間違った方向に努力をしている(正しい方向に努力したつもりでいるけどそれは全然違う方向に進んでいるだけ)、ということではないかと思います。あとは、単に運と時期が悪かっただけで叶わなかっただけ。だいたいその2つではないかと。

確かに、どんなに頑張っても超えられない壁(天井)があるのは事実です。
でも、それでも十分高いところに来ることは可能ではあります。
こんな曲線
この「天井」に行くだけでも他の人に比べたらすごいことなので、十分ひっくり返すことは可能です。
ただし、その機会や手段を奪うことは、「貧困の再生産」の強化、ここで言う「格差の固定化」ではないかと考えます。
それこそやっちゃいけないことではないかと。

であれば。最初から「努力」などという不確かなものに、希望を託さなければよろしい。世の中は産まれと才能で最初から決まっており、努力による社会階層の逆転などはあり得ない夢物語。そうした諦念を抱き、自らの不遇な境遇を受け入れ、日々を粛々と過ごせばよろしい。

逆転の機会はもうないなど、自分から捨てている気がしてなりません。
こういうこと自ら言う人間がますます自分の首を絞めてる気がしてなりませんね。
それならなおさら、機会や手段を奪おうとしてる一部の連中=本当の敵の思うツボではないかなと思います。

幸い、いまの日本はまだ逆転の機会は、まだまだそこらじゅうに転がっています。

というわけで。それに対する私のAnswer。

そして、とあるまとめサイトにて。


為末大 「努力しても無駄。アスリートになるには才能が99%、まずできる体に生まれなきゃ」 ←非難殺到 | ニュース2ちゃんねる

216:ランサルセ(やわらか銀行):2013/10/27(日) 22:24:53.52 ID:karJ23Fc0
これさ、一見すると成功しなかった人にはツラい意見に聞こえるけども、実はそうじゃないよな

成功した選手が「努力の賜物です」みたいに言うから、
成功できなかった人には「努力が足りなかった人」みたいなレッテルが貼られちゃうことが多いけど

為末が言ってることは「成功者は運が良かっただけだから、失敗した人も卑屈になることないよ」って事だろう
これに反発してるのは自称努力型の天才君だろうな

まさに、これだと思った。

そして、今年7月に書いた記事を思い出したり。
20年くらい前に、自分の「天井」にぶつかった話。

きっとこういうことだよね。

…と思ったらすでに言われてた件w

そしてここまで書いて。
2010年11月に手帳に書いてた言葉を思い出しました。

チャンスはいくらでもあり、世界は可能性に満ちてる

何かのブログ記事を読んだ時に書いたみたいですが、「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」からの一文でした。

この本は読んでおきたいなーと思いました。忘れておりました。

追記。

上に向かいたい人にはどんどん上に向かってほしいと思ってます。
でも、そんなの望まないで「いまのままでいい」って人にまで上記のことを望むつもりはないです。そっちのほうが合ってるって人もいますし。

Google+が怖いというか息苦しい

ここ最近特にそう感じるようになりました。

まあ、以前から「なんか残念だな」とは言われていましたりはしました、このあたりをはじめとして。
日本のGoogle+が残念な理由 | やめたいときは やめるといい。
自分が感じたのはそれとは少々違う方向性です。

ここ最近使っていて、投稿(共有)につくコメントの一部が「不快」に感じることが増えたなあ、と。
たとえば、こっちが「NO」と言ってることを聞いてないというか意図的に無視しているのか。
いわゆる「ムラ」的コミュニケーションメソッド?そんなかんじです。
近いものといえば…あれですね、職場における「ハラスメント発言」。まさにあれがそのままこちらに来ているかんじです。
そして、そんな(正直面倒かつ不快な)コメントを投げておいて「嫌ならスルーしろ」的風潮がありまして…質が悪い。

まあ、過去における自分の「ソーシャル疲れ」のパターンといえばパターンですが、これまでとはちょっと違う気もします。
まあでも、そんなときは大抵見ないようにしてます。それで大抵解決します。

すでに、表示頻度も減らしていますし、Google+からSmartphoneへの通知もほとんど切っています。
場合によっては過去ログ消しはするかもしれませんし、最悪「やめる」ことも検討はしています。(あくまで「最悪」の選択肢であり、基本的には考えていません)
メモ:Google+ プロフィールを削除する – Google+ ヘルプ

 
あ。ここまで書いていてなんですが、「いまのGoogle+が単に自分に合っていない」ということであり、「誰が悪い」ってことではありませんので。
そこのところを勘違いしないでいただければなあと思います。

カード番号漏らされた→その後の対応

2ちゃんねる、有料ユーザーの3万件を超えるクレジットカード情報が流出 -INTERNET Watch
はい……これ食らいましたwwwww

有料のやつを買った理由。
すぐにdat落ちする板の過去ログを読みたかったのと、どうしても書きたかったのに規制食らったためと、理由は2つでした。

これ確実に漏れてるよなーと思って調べたら
検索結果
おめでとうございます
思いっきり漏れておりました\(^o^)/
私しか知らない情報がおもいっきり載ってるしーあはは。

あと、同時に、書き込んだ内容とか全部漏れてるらしいですが、匿名がバレたらやばーって内容は全然書いてなかったし(書く気もしませんからww)、そのへんの被害はほぼ無いかなーというかんじです。

とった対応

まず、念のためWeb経由で利用履歴を調べましたが、幸いにして、カード悪用の痕跡はありませんでした。
手元の利用記録と完全一致したので大丈夫でした。

そのあと、念のため、Webに記載してあるカードデスクの番号へ電話。
先方も、今回の件を把握しておりまして、話は早かったです。

  • カードの停止措置
  • カードの再発行措置

今回は利用者の責任ではない事故ということで、再発行の手数料はかかりませんでした。

そのあと、過去1年で買い物をしたサイトの、カード登録の有無の確認を一通りしておきました。

今回の被害

以下の通りです。

  • 金銭的被害→ゼロ
  • ●で書き込んだ内容が特定されて発生する被害→問題ある内容は書いてないのでほぼゼロ
  • それ以外の精神的ダメージ→わりと大

今回の件、過去13年くらいで最大級の不覚だったかもしれないです。
ぐぬぬ。

何故ブログ書きたいのか?

はじめに

ブロガーサミット2013があったそうですが完全にスルーしちゃいまして。
「なんかやってるみたいだけど興味ないし」でそのときはスルーしたようです。

でも、各所で記事になってたので読んでみました。
#ブロガーサミット 2013の内容に沿って、自分にとって「ブログ」とは何かを改めて考えてみた: 見て歩く者 by 鷹野凌

じゃあ、あんたんとこはどうよ?

読んで、Google+にて書いたこと。(こちらになります。「友達の友達まで公開」ですので、見られない人はごめんなさい。)

Webサイトは1995年くらいから持っていて
そのあと、潰したり作ったりを繰り返してます。

静的HTMLから始めて
2000年夏にperlを使った独自の日記システム
2002年くらいにPHP4で作ったものに移行
2007年くらいは外部のブログサービス中心でした
2009年にWordPressに移行

過去のアーカイブを公開していないのは
諸事情によります。

今のメインとしているサイトは3年前に作成したようです。
(その一年以上前にさくらのサブドメインで作りましたが独自ドメインへ移行)

ここまで書いて浮かんだこと。
「同じサイトで続けていればもう少し読者も増えたんじゃない?」
過去資産としては確かに面白いけど、正直変わらないと思います。
そもそも更新頻度が落ちてますからね。
理由としては

  • これまでブログに書いていた内容がSNSに移行した
  • これまでブログに書いていた内容が手帳に移行した
  • ほかとの差別化が難しくなったと感じてきた

一番目は、mixiをやってた頃も相変わらず続けていたけど、SNSの更新システムがすごく便利になってから、確かにそっちに流れた気がします。
二番目…手帳そのものでその日のあったことを書くようになったのは2006年ですが、2009年から「ほぼ日手帳」にしてから顕著になったと思います(参考:当ブログのカテゴリ「手帳」
たとえば、こんなかんじの中身です。
とある日の手帳の中身
三番目は…このブログにおいてはそうですね。差別化というと、別に技術系ブログはうまくできていると思います(どちらかというとこちらは自分のメモ用の要素が強くなりつつ…)。

まあ、そのへんがあったのではないかと思います。たぶん。
でも、このへんの分析とかぶっちゃけどうでもいいかんじですね。

ここ最近で書いていて楽しかったカテゴリはこのへんでしょうか。

アニヲタ話はさておいて、DIYやハードウェア製作絡みの話は結構好きだなあと思ったり。

方針としてはどうありたい?

少なくとも、2000年代の「とにかく更新!」の方針はブログではやりたくないですね、と。
あと、(SNSではよくやっている)いまのニュースについての話題。これもこのブログではあまりしたくない。

自分としては「ひきこむ長文が書きたい」指向が強く、そうなると、毎日更新は不向きなんですよね。
あとは「そのうち、お役立ち」系、でしょうか。たとえば、短期間で引っ越しをすませた私が、スムーズに引っ越しするための方法を書いてみた、あたりとか。

そのへんを目指して、ゆっくり進もうかな、って思って今います。

いったい何のためにブログを書くのか?

先日読んで、ずっと自分の中でひっかかっていた記事です。
ブログは多くの人が読みたくなるような内容じゃないとダメなのか?読む価値がないのか? – かみんぐあうとっ

「多くの人が読みたくなるような記事を書かないブロガーはブロガーとして価値がない(評価できない)」そんなことを言われたような気がして、地味に悩んでいます。

読んでいて思ったのが、『開店当初からの少数の常連さんにウケの良かったラーメン店がどんどん大きくなって有名になってしまい、一般受けするようなテイストになってしまって、当初からの(そのお店のよさを知っていた)常連さんが離れていった』というシナリオでした。

方向性を変えて「多くの人が読みたくなる」となる以上、ポリシーや内容が大幅に変わっちゃうことは避けられないと思います。
それって(読む人、書く人にとって)本当に幸せなことなんだろうか?ってこと。
ブロガーとしてどうあるかのポジションは画一的じゃないと思うので、ポジションが違えば方向性もそりゃ違ってくるよねえと。
(違う例だと…起業の目的が、とにかくガツガツお金を稼ぐことか、それなりの稼ぎでいいかわりに違うところを充実させたいか、それだけでも全然やることが違ってきますからね)
 

そんななか。
こんな記事を見かけました。
[徳力]ブログ書くのってお金目当てでしょ、という誤解をいまだにしている人たちには、今すぐお金欲しいならバイトの方がよっぽど効率良いと、声を大にして言いたい今日この頃。 #ブロガーサミット

 「お金が欲しいならブログを始めるべき」、なのではなくて
 「ブログが楽しくて続けてたら結果的に副収入が入ることがあるよ」
 「さらに上手くいくと、ブログ自体が職業になっちゃう人も一部いるよ」
 という話なんですよね。

 「お金が欲しいならレーサーの免許とるべき」 ではなくて
 「レースが楽しくて続けてたら結果的に副収入が入る人もいるよ」
 「さらに上手くいくと、プロレーサーになれちゃう人も一部いるよ」
 という話だと言えばもう少し伝わるものでしょうか。違うかな。

あー、確かにそんなものだよねと。
お金を稼ぐ目当てであれば、ブログは非効率ですね、確かに。
ただ、エグい記事をかいてエグい方法で(PVや収入を)稼ぐ連中もいますからねえ……どことは言いませんが、たとえばとあるまとめ系サイトとかでしょうか。ああはなりたくないと思ってます。

かくいう私ですが、自分の書きたいことを書き続けたいと考えていますね、ここでは。

今年の冬コミ

えっと、確か前回コミケに行ったのが、2009年の冬でした。
4年も行ってない計算かー。

東京にいた頃は(2社目で働いてた頃を除いて)結構行ってた記憶がありまして。
やっぱり、ひさびさに行きたいなーと思いまして。

今年の冬こそは行きたいなーって思っております。
たぶん休みはとりやすいだろうし

そういえば昔コスプレしてたこともあったなーとか思い出したなど。
調べたら…6〜7年以上も前の話でした。
そんなに昔だったのか。
あ、写真は無しってことで(衣装だけだと「着てうp」がうざいので)
 ↑本当はどこにしまったか忘れて見つけられなかった

相容れない『2つ』の世界

『この世には2つの世界がある。それらは相容れないものであり、相互に関わってはならない関係である。』
自分がこれまでにあった、ほんとうにいろんなことで感じてきたこと。
「相容れない2つの世界」というべきでしょうか。
パラレルワールドという意味ではなく、高さ50mの巨大で分厚い壁で隔てられたくらいの2つ、という意味。

はじめに断っておきますが、この「2つの世界」に関して、優劣をつけるつもりはありません。

そんななか。
飲食物を扱うお店の業務用冷蔵庫や冷凍庫等に入った自分撮り画像を(twitter等誰でも見れるところに)upするのが大流行しまして(これは現在進行形??しばらくは止まる気がしません…)。

そんななか、考察の記事が出るようになった。

「うちら」の世界 – 24時間残念営業
これを読んで何か浮かぶ物があり、真っ先にfacebookで自分が書いた内容がこれ。

2年ほど前、派遣系低賃金アルバイト(派遣法改正前だったね)をしかたなく
やっていた頃を思い出した。

休憩中に、数人で話してるのをきいていて、
「この人達となじんではいけない」「住む世界が違いすぎる」
って感じましたね。
(まあ、みんながみんなそうじゃないんだけどね………)

まさにこれって「住む世界が違いすぎる」という感覚でした。
私が冒頭で述べた「相容れない2つの世界」の、自分が居る世界とは反対側の世界。
やっぱり、そういう「自分がいちゃいけない世界」って確実に存在するよねえと、あのとき思いました。
ちょうどそれが浮かびました。
でも、ここでの派遣バイトについては、(一連の騒動を見てると)業務中は全然まじめにちゃんとこなす人が多くて、いいほうだったと思います。

そして、この記事で「ああ、やっぱり」となりました。
私のいる世界 – ひきこもり女子いろいろえっち

「低学歴の世界」って言葉が一番心に残った。
この言葉みた時、自分の居場所ってすとんとわかった気がした。

「自分がいちゃいけない世界」について、ああなるにはやっぱりバックグラウンドというものがやっぱりあるんだなというのがわかって、すっきりした。
ちなみにこの記事にたいする私のfacebookでの言及(または思ったこと)

「自分の知らない世界」というか「自分と相容れない世界」というかそういう話。
昨日も書いたかな、確か(記憶あやふや)

確かに実際「低学歴の世界」ってものはあるなってのは実感した。
(2年くらい前かな……「この世界になじんじゃあかん!」ってね思ったよ。全力で逃げ切った。)
ここまでやってる領域ってのはさすがに知らなかったけどね。

ここで感じていたことを補足すると、「低学歴の世界」というのは、単に履歴書上の「学歴」が低いって意味ではないこと。(これについては後述)

つづいて、対極の「高学歴の世界」というのが出たのがこのあたり?
低学歴と高学歴の世界の溝 (はてな匿名ダイアリー)
このあたりから、2つの世界をまたいできた人が出てくる。
これ、繰り返しますが、単に「学歴」という(履歴書上での)指標で人間を2分類するって意味でとると、おかしなことになりますので注意。
というわけで自分が思ったことを。(これもfacebookから)

実際のところ、だいたいあってる
なんか、認めたくなくて「釣り」扱いしようと必死なひとも現れてるみたいだけどね

このテの一連の話。
『低学歴』と『高学歴』とかぎ括弧つけて語ったほうがより的確かな、と。

これですが、文字通りの「高学歴」「低学歴」、さらに個人単体の属性として、とっちゃいけません。
(だから、私が書くときはわざわざ『』でくくっております)
学歴とハードにリンクしてイチかゼロかで考えるとどうしてもしっくりこないんですよねこれ。だから敢えて『』つけて多少曖昧に考えたほうがいいのかなと思いました。
『低学歴』カテゴリに入りそうな人でもそこから『高学歴』カテゴリに行くことも、前ならもっと容易に出来たってかんじがしました。
今はなんとかして『低学歴』カテゴリから出られないようにそこに閉じ込めようとしてるふうに持っていこうとしてるよなあって感じることがあります。

「育ちのいい家系」「育ちの悪い家系」で分けるべきかもしれないけど、それでもしっくりこないんですよね同様に

もしかしたら、
「高学歴になれるキャパシティ、または選択肢が視野にある」と、
「低学歴で十分であり、高学歴なんか選択肢として認めない(眼中にない)」との違い、といえばいいのかもしれない。

そして今朝見かけた記事。
地方都市で、低学歴と高学歴の世界が交わるとき – 常夏島日記
『高学歴の世界』側のかたの昔話。
最後のほうの、「高学歴の世界」と「低学歴の世界」との接触の話については興味深かったです。

双方の世界、『相容れない』といって拒むのは簡単だけど、そうもいかないんだなと。
特に、キャズムを超えたネットサービスについても、そのへん意識しないとならないのかなと思います。
(無理矢理仕事絡みの話につなげてしまった感w)

さて、ここまで書いて

私はどうだったかというと、3番目のはてな匿名ダイアリーの筆者さん、4番目のブログの記事の筆者さんに近いものがあったなあと思います。「低学歴の世界」と「高学歴の世界」を両方見てきたかんじ。中学は地元の公立じゃなくて中高一貫の私立でした(なぜ私立に行ったかというと……とにかく、あの公立には行きたくなかったの1点でした)。
ちなみに、親戚とは面倒なんで関わっていません(理由はお察しください。なんというか書くのを憚られるようなことが多くて………)。

ところで。
先週、高校の同窓会があったので行ってきましたけど(参考)、やっぱりここも「高学歴の世界」なんですよね。飲んだくれてあれこれ語っておりましたが、やっぱみんなすごいなって感じました。

最近全然思うようにブログ更新できてない(悩み)

ここ数ヶ月感じてることです。
とはいえ最近はかなり頻度上げてますけどね。

でも、それでも、昔みたいに60記事/monthとかって頻度にはほど遠い。

で。
今日twitterに書いたこと。

最近やっとブログ更新再開みたいなかんじですが、なんで昔は毎日アホみたいにいっぱい書けてたんだろうな〜って、ここ毎日思ってしまうのですよ。
なんか見えてきた…かも?

これは、今日、以下の記事を読んで思ったことでした。
アマチュアブロガ―にとっての「勝利条件」:非リア戦記 – ブロマガ

でも、自分が目指してるのはこっちじゃない。
最大限に最適化してアフィで稼ぐで〜、ってことがしたいんじゃない。
まあ、それについては、このブログに貼ってある広告数を見れば察しはつくと思います。
しかもそっち目指すと、なんかその時点で「負けた」気分になってしまう。
書店に並ぶ「アフィ!アフィ!アフィで稼ごうぜ!」みたいな勢いの本とか、あとはspamとかね。
あんなのを見せつけられると「ここは私の戦場じゃない。」って気持ちになります。ほむー。

自分が目指してる方向。
それはどっちかというと、こちらのほうに近いんじゃないかなと思った。
だれのためにもならない日記を書こう。主観的なことを書いていこう、どうでもいいことを垂れ流そう、と思った夏の終わり – iGirl
言いたいなーってことを言われちゃったところを、すごくいいかんじに書いてるから、こちらのほうを読んで頂けると早いと思います。

まあ、体感してるのは、確かに「facebookやGoogle+にとられちゃってる」なあということ。
でも、それってブログに書けるかどうかというと、………どうしてもネタにしづらい。
「これは自分の持ちネタか?」ってとこで判定して、アウト。これは載せられない。余所様の記事へのツッコミまたは紹介だけじゃねえ、それで面白いの?って思って、却下。
「これは誰でも見れるところに書いてOKか?」ってとこで判定して、アウト。これも載せられない。
そんなかんじでどんどんフィルタで落とされていって、結局書くのをやめる。

あと、変わったといえば、考える時間が減った。
(東京にいたころに比べて)通勤時間がすごく短くなったのもあると思う。
このへんも若干影響しているのではないかと思います。

最後にもう1つあるとすれば。
手帳へのアウトプット偏重があるかもしれないです。
こちらのほうに書くことが増えたし。

でも、「待てよ?本当に当時は濃い記事を毎日書いていたか?」って思って、13年前に書いてたのを読み返した。
……………あ、いま、Facebookとかで連投してるのとあんまし変わらないwwww
でも、ところどころ面白かったりしました。そのへんは見習うべきかもしれないなあと。

そんなかんじで、気持ちとしては、減ったのかも、って思った気がする。

ここまで振り返ってみて。
これから、いろんなこと意識してみるといいのかも、と、改めて思ってみたり。

ひどい広告を見てしまった(と、思わずやったその対処法)

とあるSNSの広告があまりにもすごすぎたので昨日からイラッ☆としております「よくもまあこんなの作ったな」とあきれております。

ちなみに、こんなものです。
これがいつもの画面ですが
右側の正方形の広告欄にマウスがのっかると………

ばばーん!
ばばーーーーーーーんヽ(´ー`)ノ
画面めいっぱいに広告が表示されます。
思いっきり操作が阻害されます。

この発想はなかった。なかった。マジでなかった。

もう……なんというか。
なんとかビジネスでよく使われてる「他からのリンク経由だといきなしでかい広告が出る」のを越えたよ。
これは新手の広告手法として流行るかもしれない。
そんなことを予感した今日でした。

……と、褒めちぎったところで。
もう正直うざいったらありゃしないし、まじでホビロン*1なので、(本当はやりたくなかったのですが)非表示にします。
私はGoogle Chromeを使ってますので、そこは「Stylish」という拡張機能で対応します。
上記機能拡張を追加したあと、「設定」→「拡張機能」→「Stylish」の「オプション」、「新しいスタイルを作成」と進みます。
コードに以下の2行を追加します。
Stylishでの記述

div.adBanner { display: none; }
div.adMain { display: none; }

1行目だけで十分かも。
「適用先」に「次で始まるURL」を選び、URL欄に「http://mixi.jp/」を書きます。
あとは左側の「保存」を押します。
これであとは適用されるのを確認します。


*1 … アニメ「花咲くいろは」第3話にてみんちーが(緒花ちゃんに「死ね」禁止された故に)考えた罵声。「ほんとにびっくりするほど論外」の略。参考

「コンビニ弁当工場で働いてる方のお話」に「コンビニのサンドイッチ工場で働いていた人」からツッコミを入れてみた

『コンビニ弁当工場で働いてる方のお話「僕はコンビニ弁当食べない」』という動画が話題になっておりました。

約2年ほど前ですが、コンビニに出してるサンドイッチを作るバイトをしたことがありました(2ヶ月ほど)。
音声のみのようでなーんか怪しいなあと思ってはいましたが、なんか特定方面にウケがよかった感じがして「これはもしかして…?」ということで、敢えて全部聞いてみました。

感想。
はっきり言って、あきれました。
なんというか、昔出回った有名なデマ(というか都市伝説)をかき集めまくってるかんじですね、これ。
しかもセンセーショナル。
ここまでバレバレなウソをつくのはやめれって感じですね〜。
ツッコミどころ満載。

実際に現場にいた身として、特に以下は絶対にないと断言できます。

  • 食材を落としたけど捨てずにそのまま使った
  • 塩素臭い部屋はなかったしそんなプロセスをする部屋もなかった
  • 過剰生産品を社内販売で10円で売ってるなんてなかった(確かに安かったけど)
  • 使ってるパンはY社製である

あと、アルコールは確かに器材噴いたりするのとかで使っていますが、
ここまで派手には使ってないですよ。

もうね、臭素酸カリウムの話題が出た時点で鼻くそほじり始めましたwwww
そのぐらい嘘ばっかりの話。
それについてはこちらを参照。

あと、食品添加物のとこですが、商標法じゃなくて食品衛生法じゃね?とツッコミいれときます。

衛生管理についてですが、気になる人は「HACCP」で検索してみるといいと思います(この基準でやってるところがほとんどのはずなので)。
少なくとも、このインタビューで言ってることは絶対にないですから。(これをやってたら普通に食中毒が発生してておかしくないレベル)

まあ、ですから。
大手コンビニのお弁当とかは(こんなことは絶対ないから)安心して食べてもいいよ!って言っておきます。

それと。
こいつの次回インタビューがなくなりますように!

続・人を幸せにする文章。

昨日あたりに話題になってた、とある記事を読んで、なんかひっかかりました。
『ああいう文章を自分は書いちゃだめだ』と、真っ先に思いました。

まあ、単刀直入に言っちゃいますと、「読んだあとに気持ち悪さしか残らなかった」というのが感想でしたね。
よくよく読むと、結局のところ、誰も幸せにできてない。
あの文章こそマスタベーションだよね、と。
さらに、思いっきり間違えちゃいけないところ間違えてるし…。

自分自身へ。
これから書く時は『ああいう文章を書かないように』気をつけようね、と。
以前書いた『人を幸せにする文章』を読みながら思ったのでした。

参考:キャリアポルノは人生の無駄だ – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)