Archive for the ‘昔話’ Category

たぶん十数年ぶりに読み返した:吉本ばなな「キッチン」

今日の夕方、ふと読み返したくなった本が1冊ありました。

吉本ばななさんの「キッチン」です。

改めて読みたくなったきっかけですが、藍玉さんのブログでたまたま昨日見かけて、「昔読んだよねえ、そういえばどんな話だったけ?」と思ったからです。
たとえ絶望してもすべてが人生の糧になることを忘れずにいたい | 藍玉スタイル
記事を読んで、自分の視点では気づかなかったなあ、ということが、まず印象に残りました。
そして同時に、「そういえば、この前押入整理した時に、手前の箱にあったよ!」ってことを思い出しました。そんなわけで取り出してきました。
押入手前の段ボール箱に居た本たちの一部
奥付を見たら、1994年!!20年前ではないですか。
奥付。1994年。いまから20年前。
(確かに、この頃「とあるきっかけ」で買ったことを思い出しました)
表紙がなんか違うなあと思ったら、このときは福武文庫から出てたのですね(いまとは違う)。

改めて読んで感じたことですが、「あー、なんか世界観がちょっと不思議なかんじがした」。
いかにも私が好きそうな展開。
リアルに存在しそうで、どこか存在してないような、そんなかんじがしました。
今回気に入った場面。みかげさんが見た夢の中の1シーン。

でも、君はちゃんと元気に、本当の元気を取り戻せばたとえば僕らが止めたって、出て行ける人だって知ってる。けど君、今はムリだろう。ムリっていうことを伝えてやる身寄りがいないから、ぼくが代わりに見てたんだ。

一人じゃどうにもならなくなっちゃってる人が目の前にいるときに、どうしたらその人を救うことが出来るか、っていうこと。
そう。今の自分があるのは、いろいろと助けてもらったから。そんなことを思い出してました。
自分にとって「どん底」というかんじの「絶望」は、1998〜9年と2010〜1年なんですよね。死にかけたとかいろいろと。
参考

あと最後に、「えり子さん、かっこええ。」、これはたぶん(読んだ当時と)変わらなかったですね。
当時と違ったのは、ちょっとした既視感のようなものをかんじたこと。「なんか被るなあと思ったら、『暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか』に出てくる缶バッチくんの母ちゃんだ…」、って思ったことでした。

そして、3年前の今日の「ほぼ日手帳」に書いてあった一言が、これでした。
実は、辛かった最後の日。

明けない夜はない。

なお、この2日後の記事が、これでした。→一回休み。(3年前の今頃の話)

おまけ。
こちらは(逆に)、下に張り付いた(絶望の領域だった)じゃなくて上にぶつかった話。
20年くらい前に、自分の「天井」にぶつかった話。(1994年くらいの話)

ふと、昔、ロリィタやっとったことを思い出したなど。

話題になっていた漫画がありましたので読んでみました。
コンプレックス・エイジ (第63回ちばてつや賞入選)/佐久間結衣 コンプレックス・エイジ – モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

あああああああああああああああああああああああああああ
俺昔ロリィタやっとったわああああああああああああああああああああああああ

………そんなことを思い出しました。
正直、来年40になるうえに、過去通ってきた道でした……なんというか、読んでて切なくなってしまったとか。

てなわけで、昔ロリィタやってた証拠です、ってことで、引っ張り出してきました。
その1
その2
取り出して、ちょっとなつかしくなってしまいました。
今はもう全然着れないですけどね(いろんな意味で)。あと、着る服の方向性が変わったのも。
もう、今着ても似合わないかなって思う。

そして。
このうちの1着は、2006年に福岡出張のときに買ったなあということを思い出したり。
2006年買った時の領収書(手帳より)
このへんをさくっと手帳で出してくるあたり、最近の私らしい…。

でも、この5年後、福岡に引っ越してるんだよね。
当時はそんなこととか全然考えてなくて。
そう考えると、結構面白い。

20年くらい前に、自分の「天井」にぶつかった話。

昔話です。

先日、調子を崩して会社を休んだ日のこと。
ようやく回復した夕方あたり、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5巻を一気に読み終わりました。

アニメだと、1期の12.5話〜15話の部分ですね(Web限定公開の話)。

読んでいて、自分の25年前〜15年前のことを、ふと思い出してしまいました。
一週間くらい前に書いた「何故ここまで「俺妹」にどハマりしたわけ。」の、「好きなキャラは?」のsectionの話になります。

当時のこと。

20年以上前の話になると思います。
中学は進学系の私立に通ってて、高校から県内で一番の公立に通ってました。
どちらでも学業での成績は最上位でした。(とはいえ、国語がどうしても点数とれなかったけど…苦笑)
そんでもって、大学受験ですごく頑張って、すごく有名な国立大学に受かって、入学しました。
しかし、そのあと、ついていけなくて、すごく苦しかった記憶しかありません。
自分がなにやっても敵わない連中ばっかしの世界。
ほんと凄い連中ばっかしでした。
「なんでこんなのすらすら解けるんだよ」的。
それでも頑張ったけど、やっぱし駄目でして。
結局、6年半くらい在学して中退しました。

たぶん、このときが、初めて味わった、自分の「天井」にぶつかったときだと思います。
しかし、2年次→3年のときの、希望学科への振り分けでは、なんとか頑張って第1希望に行けたので、実はまだ捨てたものではなかったんだなあ、と。

余談ですが

体育は苦手でした。
水泳……小学校4年まで泳げませんでしたw
4年の夏休みに特訓受けて、50m泳げるようになりました。
苦手とかいいつつ、唯一、長距離走「だけ」得意だった記憶があります。

昔話になっちゃいましたが

まあ、私自身、そんな過去がありまして。
でも、こんな過去があったからこそ、今があるんじゃないかなあ、と。

あのとき受ける大学が違ったら、おそらく今の自分はいなかったのかもしれないな、と。

昔話で終わらせたくないので

そして、福岡に来て。
再び、自分の強みが活かせる分野、まだあるじゃん、ってところに気づきまして。
まだがんばれる、そんな気持ちになってます。

ふと思い出したので、書いてみました。

今日のBGM。

お仕事、1社目に入ってた頃に聴いてた曲だったなと。

■浜崎あゆみ / LOVE~Destiny~

2001年くらいだったかな。
1社目からして思いっきりネットに絡んでたので、当時のネット状況をふと思い出してたり。
ブロードバンドとかじゃなくてISDN64Kとか128Kとかそんなかんじ?
1.5Mでまだ専用線だった頃だった。うん。
やっとADSLが出た頃だった。

この会社、前半すごく居心地も給料もよかったんだけどね。
結局なくなっちゃいました。

進路と天職

本日、会社の方でrss*flowというサービスをリリースしました。
実はリリース前にいろいろとテストしてたんですが、そこに「はてな匿名ダイアリー」を登録しちゃって。
ちょうど面白い話題で盛り上がってたんですよね。
だから・・・システムデバッグと仕事の息抜き兼ねて、つい追っかけてしまったんです。
いわゆるこれが「時間泥棒」のはじまりです(笑)。

要約するとこう。
高校生が今後の進路について悩んでいました。
自分の進むべき道をこの段階で決めたいのだけど決められない、という話。
それに対して、いろんなアドバイスがあって、正直面白かったし、ちょっと自分のことを振り返ったりもしてました。

とりあえず、twitterであれこれ話した内容を引用。

○進路と天職

●2010-09-23 08:10:02 by YoruFukurou
悩める高校生の話題。興味深い。 私自身といえば・・・高校時代、ここまで考えたことなかったです・・・。 見てるぅ> まず大学受験における合格可能性が最大化されうる日常を想定します。 – http://anond.hatelabo.jp/20100922023512
●2010-09-24 09:35:32 by YoruFukurou
天職って何?とかそういう話。 見てるぅ> http://anond.hatelabo.jp/20100924092441 先日紹介した http://twitter.com/sayama_yuki/status/25253653324 悩める高校生の話のレスへのレスへのレスです。
●2010-09-24 12:24:08 by YoruFukurou
そうだよね、っと。 http://anond.hatelabo.jp/20100924121200 『負けるのが怖いなら、賭けないでいるしかない。ずっと麓にいれば、大成功は無いだろうけど、大失敗も無いだろう。』
●2010-09-24 14:23:26 by YoruFukurou
はてな匿名ダイアリーで展開されてる、天職=山にたとえた話(参考: http://twitter.com/sayama_yuki/status/25357674817 )、「どの山に登ればいいかわからねーよ」とか言ってる人いるけど、基本見つからないものなんだよね。
●2010-09-24 14:27:31 by YoruFukurou
(つづき)私の場合・・・「これだ!」と思っていた山も途中で「やっぱこっちでいいや」ってかんじに思ったりして登り変え。こんなこと何度か繰り返したなー、てかんじです。そのときそのときでは全く見えてなかったんですよね。これだ、ってのが。
●2010-09-24 14:28:05 by YoruFukurou
(さらにつづき)なんかに似てるなーとおもったら、スティーブ・ジョブズの講演で「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない」ってはなしがあったのを思い出しました。まさにそんなかんじ・・・かも。
●2010-09-24 14:29:02 by YoruFukurou
あ、ちなみにこれね。 見てるぅ> スティーブ・ジョブズの感動スピーチ(翻訳) – http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html ※以前字幕つき動画を紹介した気がしますが探し出せず。

とりあえず、36年生きて思ったこと。
「世の中は、自分の思ったように動かないし、思わなかったように動く。」
自分が描いたとおりにはならないし、描かなかったとおりになっちゃうことが多いです。
とはいえ、きっちりと描いていれば(細かいこと除けば)だいたいそのとおりになるんですよね。
実は、描けるようになったのも30越えてからだったりするんで、簡単じゃないのよね。出来てないことも結構あるし。

「思わなかったように動く」のはなしで、1つ。
実は高校時代の部活でやってたことの延長が、いま起業してやってることに繋がってたりします。
このときは、そんなこととか全く考えてなかったんですよね。
このことは、ちょっと前に記事にしました。
けいおん!!最終回を見て思いだしたこと。

偉そうなこと書いてますが、これでもまだ「山を登ってる途中」なんですよね。
かれこれこの分野で10年飯食ってるので、これが天職だというのは確信してますけどね。

そして話を戻して、高校当時に受験したとき、何を考えていたか・・・思い出してみました。
当時は、「漠然と」ですが、今とは違う方向に進もうと考えてました。少なくとも、IT関係に進むということは全くといっていいほど頭にありませんでした。いや、出会ってさえいなかったですね。むしろ、大学に入ってから初めてというかんじですね。
とにかく当時は「大学に入ること」が目標でした。
(もちろん、勉強ばっかりじゃなくて、たまにはちゃんと遊んでましたよー)
自分の将来に関して、しっかりとしたプランはたててなかったです。
まあ、当時まだバブルの余韻が残ってた頃だったのもあるのでしょうが。

で、受験の結果。
受験勉強を必死に頑張ったおかげか、(後期だったけど)東大入れちゃったし。
そこで、The Internetとの出会いがありました。人生を大きく変えるとはこのときは思わなかったですね。

大学時代は「燃え尽き症候群」というのかな、アレにやられました。
結局7年くらいいて中退しました。
まあ、これはこれでよかったかな。
中退してから数ヶ月ほどフリーターをして、そのあと縁があってIT業界に。
3社ほど経て、思い切って起業です。
起業ははっきり言って、「思い切った」。決断から登記まで1ヶ月なかったし。決断は早かったです。(今年の振り返り記事を参照)
実は決断前にも起業しようという考えはあったけど、そのときは2年後をにらんでいました。前倒し、というかんじでしょうか。

起業した会社の方は、・・・まだ創業したばっかりなので、むしろこれからです。

最後にまとめると。
まあ、言えることは、「将来のことは漠然としか決められないよ」ってこと。

[今年の振り返り記事]今年の出来事が想像の斜め上だった件。

こんなこと書こうと思ったのは、今日twitterで振り返りtweetを書いたから。
読み返してたら面白かったんですよ、ここの過去記事と過去日記。

○ひとりの限界

●2010-09-12 08:26:41 by YoruFukurou
前も言った気がするけど……正直、(仕事でも私個人のみの部分でも)一人での限界ってあるな、っと。そいう意味ではパートナーは必要だな、っと色々あって実感です。

○今年の日記やブログ記事を振り返って

●2010-09-12 11:14:02 by YoruFukurou
読み返してた。 今年2月に書いた記事。>人生って、なんだろう。 « ゆきろぐ・ぷらぷら: http://sayama-yuki.net/wordpress/?p=1286
●2010-09-12 11:50:34 by YoruFukurou
読み返してる: 個人的に勝手にバブル期、その後を振り返ったりして、いろいろ書いてみる。 « ゆきろぐ・ぷらぷら: http://sayama-yuki.net/wordpress/?p=941 去年12月の。
●2010-09-12 11:51:38 by YoruFukurou
さっきの記事=2009年12月時点で、『たまに、寝てるときに見る夢で、「独立して会社をたてて・・・」という内容がわりとある気がします。会社作って、社長になるとかそういう方向・・・?とは思いますが、(以下略)』・・・えっと、これ、正夢になってるんですがっ
●2010-09-12 14:02:14 by YoruFukurou
今年前半の日記を読み返してたら面白すぎて、仕事どころじゃなくなった件w
●2010-09-12 14:20:24 by YoruFukurou
今年1月に見た記事を読み返して、改めてすごく痛感した >>成功するベンチャーと失敗するベンチャーの違い | きらら2号: http://bit.ly/c8KZvD 昨日、社長ブログに書いたことの本当の意味が書いてあってびっくり http://bit.ly/d8j0No
●2010-09-12 14:56:54 by YoruFukurou
過去の記事より:元気になるポイント。そして、チャンスの卵。 « ゆきろぐ・ぷらぷら: http://sayama-yuki.net/wordpress/?p=1379 とりあえず一言。自分の勤務先を安易に『うちの会社』言うな、ってことです。

そんなわけで。
12月に振り返ると記憶欠損しちゃったりするので、いまの時点で振り返れる分を振り返っておきます。
長くなっちゃうので・・・
(さらに…)

なつかしいCM:80年代前半かな。

今晩ふと気になって・・・というか思い出して、探したなつかしいやつ。
意外にも、すぐ見つかってしまった。

おおきくなれよ〜

・・・これ、リアルタイムで見てました。

あと、いくつか。
(さらに…)

そういえばもうすぐ1年経つので思い出してみる

そう・・・、去年の今頃。
前の会社を調子崩して、休職になったんでした。

その頃の日記を読み返してみました。

その頃の日記

要約すると、こんなかんじでした。
・日曜日。この日、リナカフェなうしてました(笑)
・月曜日。始発で会社に行って、大きな仕事をあげました。
・火曜日。身体が言うことをきかず、会社を休み。
・水曜日。病院に行った。2ヶ月ほど休職の診断がおりた。

そのとき書いてあった、気になった言葉とか。

無理はいけません。

完璧主義の発端は、『親から学校の成績は常に1番であること』を求められたことかもしれない。

たすけて。

このとき実感したこと。
心の調子を崩すのが一番危ない。
崩したら、治るまでにかなりの時間を要すること。

正直、今は調子いいとは言えないので、気をつけないな、と。
もともとこの時期は調子を悪くしがちらしいので。
自分自身への注意も兼ねて。

余談。
この頃までは、手帳にびっしり書いていたな、ということ。
ちょっと不思議ですが。
参考:満たされてない・・・から?

学生時代をちょいと思い出したり。

今日見かけたサイトから。

●2010-01-27 20:25:07 by P3:PeraPeraPrv
東大大杉www>学生証うpスレ:ハムスター速報: http://hamusoku.com/archives/2439905.html 家を探しても学生証は無いです・・・ 画像もたぶん行方不明

学生証は(返しちゃったので)ないけど、こういうのはありました・・・。
90年代前半なんで、今は見かけないかな。

2010012723400000

図書館の利用証。
当時はバーコードでの認証でしたw
おまえもか!とか言われそうですが・・・すいませんw

これ以上は・・・まあ、この頃は振り返らないようにしてるので。

探したついでに見つかったで。

2010012723390000

なつかしいテレカたち。

個人的に勝手にバブル期、その後を振り返ったりして、いろいろ書いてみる。

昨日(土曜日)の朝日新聞の be on saturday(赤いほう)の記事が面白かった。
2009122018540000
2009122018540001
(さらに…)

高校時代はこんなんだったな。

あの映画を夢見て部活作ったら色々と青春だった:ハムスター速報
>>1の行動力が半端ない件。
というか体当たり的青春じゃねーかよ羨ましいすぎw

というか、自分の高校時代をふと思い出したので、ちょちょいと書いてみることにしました。
先日お昼の時に、会社の人と話題になったのもあったので。

(さらに…)