進路と天職

本日、会社の方でrss*flowというサービスをリリースしました。
実はリリース前にいろいろとテストしてたんですが、そこに「はてな匿名ダイアリー」を登録しちゃって。
ちょうど面白い話題で盛り上がってたんですよね。
だから・・・システムデバッグと仕事の息抜き兼ねて、つい追っかけてしまったんです。
いわゆるこれが「時間泥棒」のはじまりです(笑)。

要約するとこう。
高校生が今後の進路について悩んでいました。
自分の進むべき道をこの段階で決めたいのだけど決められない、という話。
それに対して、いろんなアドバイスがあって、正直面白かったし、ちょっと自分のことを振り返ったりもしてました。

とりあえず、twitterであれこれ話した内容を引用。

○進路と天職

●2010-09-23 08:10:02 by YoruFukurou
悩める高校生の話題。興味深い。 私自身といえば・・・高校時代、ここまで考えたことなかったです・・・。 見てるぅ> まず大学受験における合格可能性が最大化されうる日常を想定します。 – http://anond.hatelabo.jp/20100922023512
●2010-09-24 09:35:32 by YoruFukurou
天職って何?とかそういう話。 見てるぅ> http://anond.hatelabo.jp/20100924092441 先日紹介した http://twitter.com/sayama_yuki/status/25253653324 悩める高校生の話のレスへのレスへのレスです。
●2010-09-24 12:24:08 by YoruFukurou
そうだよね、っと。 http://anond.hatelabo.jp/20100924121200 『負けるのが怖いなら、賭けないでいるしかない。ずっと麓にいれば、大成功は無いだろうけど、大失敗も無いだろう。』
●2010-09-24 14:23:26 by YoruFukurou
はてな匿名ダイアリーで展開されてる、天職=山にたとえた話(参考: http://twitter.com/sayama_yuki/status/25357674817 )、「どの山に登ればいいかわからねーよ」とか言ってる人いるけど、基本見つからないものなんだよね。
●2010-09-24 14:27:31 by YoruFukurou
(つづき)私の場合・・・「これだ!」と思っていた山も途中で「やっぱこっちでいいや」ってかんじに思ったりして登り変え。こんなこと何度か繰り返したなー、てかんじです。そのときそのときでは全く見えてなかったんですよね。これだ、ってのが。
●2010-09-24 14:28:05 by YoruFukurou
(さらにつづき)なんかに似てるなーとおもったら、スティーブ・ジョブズの講演で「未来に先回りして点と点を繋げて見ることはできない」ってはなしがあったのを思い出しました。まさにそんなかんじ・・・かも。
●2010-09-24 14:29:02 by YoruFukurou
あ、ちなみにこれね。 見てるぅ> スティーブ・ジョブズの感動スピーチ(翻訳) – http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html ※以前字幕つき動画を紹介した気がしますが探し出せず。

とりあえず、36年生きて思ったこと。
「世の中は、自分の思ったように動かないし、思わなかったように動く。」
自分が描いたとおりにはならないし、描かなかったとおりになっちゃうことが多いです。
とはいえ、きっちりと描いていれば(細かいこと除けば)だいたいそのとおりになるんですよね。
実は、描けるようになったのも30越えてからだったりするんで、簡単じゃないのよね。出来てないことも結構あるし。

「思わなかったように動く」のはなしで、1つ。
実は高校時代の部活でやってたことの延長が、いま起業してやってることに繋がってたりします。
このときは、そんなこととか全く考えてなかったんですよね。
このことは、ちょっと前に記事にしました。
けいおん!!最終回を見て思いだしたこと。

偉そうなこと書いてますが、これでもまだ「山を登ってる途中」なんですよね。
かれこれこの分野で10年飯食ってるので、これが天職だというのは確信してますけどね。

そして話を戻して、高校当時に受験したとき、何を考えていたか・・・思い出してみました。
当時は、「漠然と」ですが、今とは違う方向に進もうと考えてました。少なくとも、IT関係に進むということは全くといっていいほど頭にありませんでした。いや、出会ってさえいなかったですね。むしろ、大学に入ってから初めてというかんじですね。
とにかく当時は「大学に入ること」が目標でした。
(もちろん、勉強ばっかりじゃなくて、たまにはちゃんと遊んでましたよー)
自分の将来に関して、しっかりとしたプランはたててなかったです。
まあ、当時まだバブルの余韻が残ってた頃だったのもあるのでしょうが。

で、受験の結果。
受験勉強を必死に頑張ったおかげか、(後期だったけど)東大入れちゃったし。
そこで、The Internetとの出会いがありました。人生を大きく変えるとはこのときは思わなかったですね。

大学時代は「燃え尽き症候群」というのかな、アレにやられました。
結局7年くらいいて中退しました。
まあ、これはこれでよかったかな。
中退してから数ヶ月ほどフリーターをして、そのあと縁があってIT業界に。
3社ほど経て、思い切って起業です。
起業ははっきり言って、「思い切った」。決断から登記まで1ヶ月なかったし。決断は早かったです。(今年の振り返り記事を参照)
実は決断前にも起業しようという考えはあったけど、そのときは2年後をにらんでいました。前倒し、というかんじでしょうか。

起業した会社の方は、・・・まだ創業したばっかりなので、むしろこれからです。

最後にまとめると。
まあ、言えることは、「将来のことは漠然としか決められないよ」ってこと。


One Response to “進路と天職”

  1. […] 個人のブログに、記事を書きました。 →進路と天職 […]