【予告】過去フリペ(イベント配布ぶん)再配信のお知らせ(2019/11/26~12/02)

このたび、イベントで配布したものについて、過去1年半くらいぶんをネットプリントで再配信したいと思います。
もともとが「イベントに来られた方向けのサービス」として作っていたものですので、イベントに来られなかった人、またはもらいそこねた人向けの配信です。
※通販のかたにはその時点での最新+バックナンバーいくつかを添付してます。

今回再配信対象は、14~23(一部を除く)
再配信は、今回一度限りとします。

ネットプリント再配信予定日

配信開始

2019/11/26正午

印刷可能期間期間

2019/11/26正午~2019/12/02

ネットプリント番号は配信開始のさいにお知らせします。

再配信予定記事一覧

下記を再配信します。

FFP14:2018/7/16 手帳夏祭り

3連休の遠出(沼津)、横浜手帳勉強会第6回(YTB6)

FFP15:2018/8/12 コミックマーケット94 3日目

アマチュア無線、新元号、新刊案内

FFP17:2018/11/25 コミティア126

引っ越し、Aqours 4th、遠出(沼津、静岡)

FFP18:2018/12/31 コミックマーケット95 3日目

2018年を振り返る/新刊案内

FFP19:2019/2/17 コミティア127

改元直前。横浜手帳勉強会第7回。Aqours。読んだ本。

FFP20:2019/5/12 コミティア128

最近読んだ本。10連休の遠征(豊郷~沼津)。味噌ラーメン本の予告

FFP21:2019/7/15 手帳夏祭り

ぶっ倒れた件。ヨハ誕。最近買ったもの(キングジム「リミッツ」)

FFP22:2019/8/11 コミックマーケット96 3日目

〔4p冊子〕改元振り返る。横浜手帳勉強会第7回。水瀬いのり。

FFP23:2019/8/25 コミティア129

2020年の手帳について。新刊について。今後の参加予定について。
くわしくはこちらに…。

対象外(公開中のため)

下記はダウンロード版として公開しているので対象外です。公開ページがあるのでそちらからご覧ください。

FF-Paper 16:2018/10/17 てちょぷり祭り

手帳選びの基準について (2枚組)
【てちょぷり祭り2018秋】FF-Paper16つくりました。

FF-Paper 24:2019/9/22 てちょぷり祭り

前年12月ページの使い方。薄い本を出すためのスケジュール管理。
2019年秋のてちょぷり祭り(後半):FF-Paper24配布します。

よくある質問

①13以前が欲しい

→13以前+その他オフ会等で配布したもの一式まとめたものを「FFPアーカイブス1」として通販で取り扱っております。
FFPアーカイブス1(BOOTH)

②ネットプリントではなくてダウンロードで配布してほしい

→申し訳ございません。方針上、その予定はございません。

③この記事を見た・知ったのが配信終了後だった。再度配信して欲しい。

→枚数まとまったら、そのうち、FFPアーカイブス2としてまとめて出したいと考えてます。

④ネットプリントで印刷されても、私の収益にはなりません。

印刷代の実費、という扱いでお願いします。

使い続けてる手帳たち:〔9〕セパレートダイアリー マンスリー×マンスリー

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「セパレートダイアリー マンスリー×マンスリー」です。

特長・使い方

真ん中で切れていて、上下2段に分かれているのが特長です。
上下で同じ月の別フォーマットでの確認、または、今月前月もしくは翌月を確認できるところがポイントです。

用途としては、コミケ等の新刊作成進捗ならびにイベント参加のためのタスク管理です。
イベント申込期間、搬入発送の期間や入稿の締切日を記載しています。

2019年バージョンでの使用実例です。

2019年版で項目を洗い出し、2020年版に並べ替えてよりわかりやすくしました。

2020年のほうに移行するにあたり書き直しました。(並びを変更)

常に目に付くところに置いています。
逆算カウンターをつけて「次のタスク〆まであと●日」を意識させています。

実際に置いてある状況

2020年版について

公式にて購入しました。

2020年度はビニール袋をやめました。

使用実例のパンフもついていて、とてもよいです。

内容物。使用実例のパンフもついていて、とてもよい。

2020年で使うほうはマンスリーガントチャートが両方にあるタイプにしました。

さらい詳しい使い方の説明

2019年9月に書いたペーパーに書いています。
下記から読むことができます。(無料)
2019年秋のてちょぷり祭り(後半):FF-Paper24配布します。

公式サイト

ユメキロック直営店|あなたの夢・目標を実現に導くセパレートダイアリー

使い続けてる手帳たち:〔8〕ハンディピック(SMALL)

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「ハンディピック(SMALL)」です。

「ハンディピック」について

少ページの冊子タイプ手帳(リフィル)複数冊を、ポケットつきカバーに入れて使うタイプのシステム手帳です。
好きなリフィルを組み合わせて入れられるので、用途に合わせたカスタマイズが可能です。

LARGEとSMALLの2種類の大きさがあり、後者のほうは130mm×70mmのサイズで、手帳型スマートフォンカバーに入るサイズです。

>ハンディピック | 2019年版手帳 | 手帳(ダイアリー)のダイゴーオンラインショップ

使用しているタイプ

SMALLを2セット使っています。

この2つを使用しています(スマートフォンカバー+C7400、C7420)

1冊目:スマートフォンカバー+C7400

昨年冬の同人誌即売会にて購入いたしました手帳型スマートフォンカバーです。
右側にスマートフォンを貼り付けるエリアがありますが、ここにカバー(C7400)を貼っています。

1冊目。手帳型スマートフォンカバーかと思ったら、手帳です。

内部構成概要

現在使用しているリフィルは下記の通りです。

1冊目、中身②


1冊目、中身①

時計式予定表は、「行動指針」として書いています。
この曜日はこのように行動したい、と。

1冊目、「時計式予定表(C5020)」の記入例。

ドット方眼タイプは、横にして真ん中で2つに分割して書いています。
(縦よりも横にしたほうが書きやすかったので、いまはこれで書いています)

5mmドット方眼の使用例

現在考えているのが、どれか1つを2020年1月始まりフレームマンスリー(E8229)に入れ替えるかどうか、でしょうか。
年間予定表が週ごと縦割り+円形になっているので、これをめっちゃ活用したい…という気持ちになっておりまして…(笑)。

フレームマンスリー:年間ページ・円形タイプ


また、いろいろと弄っていく段階で、日曜始まりを「迫り来る月曜日(休み明け)対策」として使えそうな気もしてきたりなので・・・・・・。

フレームマンスリー:年間ページ・週切り


フレームマンスリー:月間ページ

2冊目:C7420

仕事用鞄のポケット部分に常駐させています。

2本目(仕事用)構成

こちらは仕事の便覧メインで、名刺も忍ばせてあります。
急な名刺交換イベント発生にも対応できるようにしています。

便覧として書いている例がこちら。

2冊目、方眼の記入例です

おまけ:刺してあるペンについて

それぞれに専属のペンを刺してあります。

刺しているペンはこちらになります。

1冊目のほう

1冊目には、ステッドラー・アバンギャルドのANA機内販売モデルを使ってます。

ステッドラー・アバンギャルド(ANA機内販売モデル)

こちら、今年の5月に札幌出張で飛行機に乗った際に買いました。


(´-`).。oO( これ・・・機内wifiから投稿したやつです……


(´-`).。oO( こちらは札幌到着後投稿………

仕様としては、3色+1(シャープペンシル0.5mm)です。
このボールペン(+シャープペンシル)のよいところは、本体を「使いたい色のとこに回して」そのままノック、で出てくるところ、です。慣れると一発で出せます。あと、リフィルが4C規格なところがよい。

そして、サイズがちょうどよいところでしょうか。(ペン刺しに入れて綺麗に閉まるので)

気になって検索したら、わたしの他にも愛用者さんのブログを見つけましたので紹介します。私の記事よりもわかりやすい。
ステッドラー・アバンギャルド【ANA機内限定品】購入レビュー|ジェットストリームのリフィルももちろん使えます – 糖尿病(仮)

2冊目

アニメグッズのやつなのですが、中身を入れ替えてます。
三菱シグノRT1、もしくは無印良品のゲルインキボールペンを使っています(実は同じサイズ)。

無印シグノ!(ゲルボールペンリフィル)

詳しいカスタムについては下記を。
アニヲタグッズのボールペンを書き心地のよいものにしてみる(ごちうさ×シグノ0.28編)

【更新案内】2019年(令和元年)11月の日付シート配信

作成しました
詳細ならびにダウンロード版入手はいろいろと情報を詰め込んだ日付シート(2019年、毎月更新予定)をご覧下さい。

100均:368ページフリーノート、無地バージョンを見つける

twitterで報告しましたが、本日、セリアにて「368ページフリーノート」の無地バージョンを見つけてしまいました。

368ページフリーノートですが、以前から「安価に1日1ページ手帳として使える」ということで話題になっていました。こちら、25行横罫+チェックボックスつきのバージョンでした。今回、装丁とサイズ(B6)は同じですが中身のレイアウトが変わったバージョンとなります。

368Pフリーノート無地!

無地です

見開き全景

以上、取り急ぎ、報告です。

使い続けてる手帳たち:〔7〕システム手帳 マイクロ5

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「システム手帳 マイクロ5」です。
(※ものによっては「ミニ5」とも言いますが、ここでは「マイクロ5」と呼ぶことにします)

使用しているバインダー

キャロルm5


ASHFORD キャロル マイクロ5です。
キャロル MICRO5 8mm [2075] システム手帳サイズ MICRO5 ASHFORD

2018年11月12日。銀座・伊東屋での「システム手帳サロン」で買いました。
以前からぼちぼち狙ってました。


これに決めた決定的理由が、なんといっても「肌触り」ですね。

中身と用途について

電子マネーカード収容、日々のタスク・記録とチェックリストが中心です。

中身。カードケータイKY-01Lが入ります。


名刺入れ部分にあるのは、電話機です。
カードケータイ KY-01L | ケータイ | 製品 | NTTドコモ
これ、発表されたときに買うと決めて、予約開始日に即予約して発売日に入手しました(笑)。

電子マネーやカード類が多く入ってます。


カードケースリフィルを活用し、電子マネー(ICカード)を複数入れて持ち歩いています。

dailyページ。


dailyのページ。1日1枚。日々のタスクとメモ用です。速記性の高いもの用です。
利用例については、4月に書いた記事:2019/04/27春の手帳オフ・午後の部メモ(主に自分がしゃべった内容)にていろいろ書いてます。

チェックリストm201をよく使います。


チェックリストリフィルをよく使ってます。
【mini5】チェックリスト
書いている内容は、①あとで忘れずに買っておくもの、②予約したもの、③探し出しておくもの、④発売予定メモ、となっています。このフォーマットが便利なのでついいろいろと使っています。

使い続けてる手帳たち:〔6〕システムダイアリー

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「システムダイアリー」です。

そもそも「システムダイアリー」とは?

詳しいことはシステムダイアリーのサイトをご覧頂くとして、特徴は

  • 日本初のシステム手帳
  • 8リング(8穴)
  • ミニ6より少々大きい(幅が大体同じで縦長)、ジャストポケットサイズ
  • 残念ながらお店でなかなか見かけることがない

というところでしょうか。

手帳のオフ会で存在を初めて知りました。

2017年6月、札幌に行ったさいに文具店にて購入しました。

システムダイアリー:バインダー


バインダーは、B-22スタンダードバインダーを選びました。

現在の用途

いろいろデータやテキストを放り込んで「便覧」として使うことが多いです。

便覧として使うことが多いです。時刻表とか入ってます。

たまにメモに使うこともあります。
その場合はC-42リフィル「細ケイ33行シート」を使ってます。
現在、赤・グレー・緑の3色を使っています。

内部(2):C-42リフィルをよく愛用。


こちらのC-42リフィル、33行ありますが、31行(5行×6+1)と上下1行ずつあり、機能的になっております。

100均で買ったリボンを付けて、栞がわりとしております。

内部(1)

番外1:ミニ6の転用について

ミニ6と幅が同じで、一部(4箇所)の穴の位置が同じなので、残り4箇所を開ければ入れることが出来ちゃいます。

ミニ6にうまく穴を追加してSDに入れて活用…を模索中。

その4箇所の位置を測定します。
100均で売ってるプラ板でテンプレートを作成し、パンチでその位置に持ってくれば開けられるようにしてみました。

テンプレートを作成してうまく穴開けを行う。


4~5mmのパンチが入手できず(もしかしたら売ってない?)、6mmで開けてみましたが、まあ大丈夫かなと。

穴あけした結果。

番外2:以前使っていた自動作成ツール(予定リフィル)

予定データを入力したら勝手に未来の予定を作成してくれるリフィル作成ツールを以前使っていました。
Excelで作っておりました。ただ、ライフサイクルの流れにあわなくて、1年ほど使っておらず放置となってしまいましたが………。

自動作成ツールでの予定リフィル


久々に出力してみたところ、案外使えそうな気はしてきました。
ただ、予定入力と出力が面倒……(笑)
予定用手帳を見たほうが早かったり、毎週のTTT(TechoTeaTime)のときに作成用PCを持ち歩かないのが「使わなくなった」原因かと思います。

こちらの作り方と仕組みなどについて詳しくは拙著「新・2017年の個人的手帳事情」に書いておりますので、興味あるかたは是非お手にとっていただきたいです。

自動作成ツールの話については「新・2017年の個人的手帳事情」に書いております。


直接参加イベントのほか、下記通販サイトにて入手可能です。

使い続けてる手帳たち:〔5〕CITTA手帳

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「CITTA手帳」です。

2016年から使っています。

公式サイト

CITTA手帳 | 未来を予約する手帳 | CITTA DIARY 2019-2020

用途・使い方

細かい予定の設定(時間の分配)、やりたいことの管理です。
予定の概要はPAGEMウィークリーのほうで管理してますが、こちらはそこからさらに細かい時間に落とし込んで調整するために使っています。

こちらの手帳は、基本的に自宅置きです。(手帳タイムで持ち出すことはある)
今週のバーティカルページをスタンドに立てて常に見えるようにしています。

週間バーティカルページ

バーティカルページ


起きる時間、自宅を出る時間、仕事する時間、寝るべき時間は大体決まってるので(たまに例外が起きますが…例外なので)、あらかじめ線を引いておきます。月初めの手帳タイム(TechoTeaTime、略してTTT)に行ってます。同時に1ヶ月先の(その時点でわかっている)予定確認もしております。
現在は(プライベートでは)1日のうちにクリティカルなタイミングでの予定を入れないようにしているので、バーティカルの時間軸のフル活用をする場面はほとんどありません。

ワクワクLIST

ワクワクLIST


この手帳のメインとも呼べる部分。
左側と右側で扱う分野を変えています。この1ヶ月にやりたいこと、結果としてこうなりたいことを書いています。「結果としてこうなりたいこと」を実現するために、その下に子項目として「実現のためにすること」を書いています。
こちらについては、短期間で叶うもの(数ヶ月スパン)の項目を扱っています。

他のページ

月間ブロック(2ヶ月見開き)、月間ガントチャート(2ヶ月見開き)などについては使用しておりません(開くタイミングなく)。
今後、なにかよい用途が思いついたり、環境が変わったりしたら、使うことになるかと思います。

余談・この手帳との出会い

こちらの手帳、藍玉さんのブログ記事で存在を知りました。
手帳の使い方インタビュー#26 【前編】CHIGUSAさん×CITTA DIARY

そしてその翌年。2015年12月の「手帳感謝祭」にて頂いちゃいました。

このときに5-2バーティカル(左が5日ぶん、右が2日分+メモ)と出会い、いろんな意味で自分の手帳の使い方に影響を与えた1冊です(1つ前の記事で紹介しました、自作システム手帳リフィルを作るきっかけにもなっております)。

翌年4月、装丁改訂版(180度開くようになったバージョン)が出たので、速攻で買いました。
(2016年が2冊あるのは、そのためです)

さいごに

2016年に書いたワクワクLISTのレビュー(振り返り)を、拙著「2018年の個人的手帳事情plusこえらいぶ出張所」にて書いております。ご興味あるかたは是非お手にとっていただければ幸いです。
(当時書いたことですが、2年前に「想像の斜め上方向」に叶えてて、笑いました)

使い続けてる手帳たち:〔4〕システム手帳 A5サイズ(と、その周辺)

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「A5システム手帳(と、その周辺)」です。

2016年から大体ずっと使ってます。
(今年前半、数ヶ月ほど使ってない期間はあった)

バインダーについて

現在は、ほぼ日手帳カズンのカバーにバインダーを入れて使用しています。
2017年のときと同じ流れですね。

現行の構成

中身は、2つ入っています。

  • A5システム手帳
  • A5ツイストリングノート

内部はA5システム手帳+A5ツイストリングノート


ツイストリングノートだけ取り出せるようになっており、たまに取り出して使うことがあります。

中身について

この2つの系列をどう使い分けているかですが、だいたい使用期間でわけています。

システム手帳側

よく入れ替えが発生するもの(規模が大きめのメモなど)を扱っています。

A5 システム手帳側。自作リフィルで日々の記録をしている。


以前から使用している自作リフィル。こちらで日々の記録をしています。
データ版(PDF)は下記から入手可能です(2020年版)
FFDIARY2020 – A5システム手帳リフィル(週間バーティカル+ホリゾンタル) ダウンロード版

ツイストリングノート側

こちらは今年から入りました。
綴じ手帳と併用するかたちで使用していましたが、そのまま引き継ぐかたちとなりました。

入れ替えの頻度が少ない、長期的なものを扱っています。

ツイストリングノートは推し寄りとか


最初のほうは「推し」寄りな中身になってます。

やったら面白そう(思いつき)リスト


あと、「やったら面白そうなことリスト(思いつき)」を作っています。やるかどうかは別として、ぱっと思いついたものをここに書いています。

ほかのバインダーやカバー

実は複数持っていまして……

A5バインダーは複数ある。気分で使い分ける。


気分もしくは用途で入れ替えて使用しています。

詳しくは…薄い本にて

「個人的手帳事情」シリーズにて掲載しています。

使い続けてる手帳たち:〔3〕ほぼ日手帳WEEKS

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「ほぼ日手帳 WEEKS」です。

用途

乗っている車についての記録用です。
書いている内容は、走行距離と給油、各種メンテナンスについてです。

ほぼ日手帳WEEKS:車載専用

2017年10月に車を買いまして。それについての記録となっております。

2017年から使用

常に車内に置きっ放しとなっております。
筆記具は鉛筆です。一番確実に書ける筆記具なので。

常に車内にあります

使いかた

週間ページ

週間ページ


左側には、走行距離(累計/給油からの距離/日毎)を書いています。給油した際は、そのときの距離と給油量も書いています。
右側には、ガソリン残量を記録しています。

週間ページに記録


給油時、帰宅(または宿泊地)到着のさいに記録しています。

月間ページ

月間ページ


給油の記録です。給油量と単価。単価は記録していると面白いです。

年間ページ

年間ページ


累計走行距離を書いています。
面倒なので、毎週日曜のぶんだけ書いています。

手帳についての公式サイト・参考リンク

weeks / 概要 – 全タイプ解説 – ほぼ日手帳 2020

おまけ・みんカラやってます

使い続けてる手帳たち:〔2〕PAGEMウィークリー レフト

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「PAGEMウィークリー コンパクト-i レフト(月曜始まり)」です。

まずは公式ページ

手帳の構成については下記公式サイトが詳しいので、よろしければご覧下さい。
PAGEM ウィークリー|ペイジェム2020手帳 今日もいい日、明日もいい日。|JMAM(日本能率協会マネジメントセンター)
商品詳細ページ | JMAM eショップ手帳の店 | ペイジェムウィークリー コンパクト-i レフト 月曜(クールイエロー)

外観と仕様

外観


右側に月毎にカラーインデックスがついています。カバーからインデックスが見える作りになっています。
インデックスが月毎に色が異なるので、見つけやすいです。

ページ構成ですが、1ヶ月ごとに月間+週間、という並びになっています。
週間ページですが、週の途中で月をまたぐ場合はぶった切るタイプです。たとえば1日が木曜日始まりだった場合、先月ぶんと今月ぶん、今月分と来月ぶんでページが別れます。
(先月ぶん/来月ぶんの箇所については、空欄になっているため、必要があれば自分で書き足すことは可能です)

概要

3年ぶん(うち1冊が4月始まり)


2018年から、予定管理専用で使用しています。2020年で3年目となります。
ちなみに2018年は、1月始まりと4月始まりを半年で切り替える方向でやってみましたが、そこまでやらなくてもよかったのでした……。

使い方の詳細

月間を「とりあえず気になった予定」、週間を「決まった予定」として使っています。

月間(マンスリーブロック)ページ


月間ページに「とにかく気になった催事・入れたい、または入れるかどうか迷っている予定」について、書きます(行くとは限らない)。
とにかく書いておきます。忘れないように。

左のメモ欄は「その月のうちにすること」を主に書いています。

週間(ウィークリーレフト)ページ


週間ページに「正式に決まった予定」を書きます。
月間ページに書いた未確定予定の決定期日(申込〆日など)は、こちらに書いています。

左側をゆるい時間軸でのスケジュール、右側をタスク等の「時間帯に関係ない」ことがらとなります。

やってきて気づいたこと

このやりかたは、2017年に「トコだけ手帳」を使っていた頃から続けてます。
大きな効能としては「やるのを知っていたのに何もしなかった、当日になって思い出した」ということがなくなり、いわゆる「やらないで後悔」がぐっと減りました。
あと書くときに仕分けるので、見るときに「これは未定だっけ?決定だっけ?」と仕分けの判断をする必要がなく、確認するさいのストレスがなくなりました。

ネットプリント(てちょぷり等)の保管について

おそらくですが、毎年A4相当100枚近くをプリントアウトして保管してるような気がします。
実はここ最近保管方法に悩んでいて、結果としてたどりついたのが、下記の方法となりました。

「無印良品クリアホルダー(サイド)+ファイルボックス」で解決

この組み合わせとなりました。

クリアホルダー32ポケット×6でファイルボックス(スタンダードA4)に入ります。

「中長期的に規格として合わせられる」メリットを最大優先した結果です。
あとは、出し入れのしやすさです。

以下、詳細について説明します。
Read the rest of this entry »

2019年秋のてちょぷり祭り(後半):FF-Paper24配布します。

先日予告した通り、作りましたので公開します。
※「てちょぷり祭り」詳細についてはこちらを→「てちょぷり祭り2019秋」開催のお知らせ(日本手帖の会)


今回の内容

以下の2つについて書きました。

  • 前年12月ページ(週間レフト)の転用例:7年間の見通し・計画
  • 進捗管理方法(ガントチャート等を使用)

ネットプリント

A3白黒1枚です。
セブンイレブン:77302074(2019年9月29日23:59まで)
ファミマ・ローソンなど:UENQEWKCJT から「FFPaper24(A3).pdf」を選んでください。2019年9月29日22時ごろまで)

※ネットプリントでの出力は終了しました(再配信予定はございません)。下記「ダウンロード」からご覧下さい。

ダウンロード(PDF)

ダウンロード(PDF版)

著作権などについて

  • 著作権は留保します。
  • 内容やデータの無断転載は固くお断りします
  • 掲載された文章や画像等について、他媒体への無断利用も不可です
  • 個人でこっそり楽しむぶんについては制約はございません

使い続けてる手帳たち:〔1〕ほぼ日手帳カズン

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)で紹介した手帳を1日1記事ずつ紹介します。
本日は、「ほぼ日手帳カズン」です。

2012年から使い始め、2013年からメインとなりましたが、2016~17年ごろから(環境の変化などにより)メインから外れました。それでも、「記録」としての重要なポジションを占めています。

2019年の使い方

今年は、このカバー

今年は、このカバー

カバー

カバーは増田セバスチャン THANK YOU ALL(2017年) です。発売当初ではなく(少し遅れて)2017年8月の「ほぼ日手帳 2018 Lineup Preview」のときに買いました。

用途

ライブやイベント、遠くに出かけた日などに、チケットやレシート、写真等を貼って、当時のことが思い出せるようにしています。
もともと入っている日付を基準位置にして、そこから前後の日にどんどん貼っていく、書いていく、このようなスタイルで使用しています。

用例としてはこんなかんじです。

主な使用例ページ1

主な使用例ページ1(2019.06.29 水瀬いのりちゃんライブの日)

主な使用例ページ2

主な使用例ページ2 (2019.02.03 諏訪ななかちゃんイベントの日)

なんか声優さんのイベント・ライブばっかりになってしまいましたが、一番多いので……(笑)。
今年の遠征のときのはレシートばかりでした。写真を印刷して貼っていませんでした。

ただ、用途の都合、どうしても「空白」のページが出来てしまいます。
むしろ空白ページが多いくらいです(笑)。

主な使用例ページ3

主な使用例ページ3 (空白。ほとんどがこんなかんじ)

「なにかあっても、後で埋められる」ので、それをメリットとして考えています。

参考

藍玉さんの手帳インタビューの記事が参考になるかなと思います。

そして自サイトの過去記事。

ここ最近使用している手帳たち(2019年後半)

そろそろ2020年の手帳が多く出回る頃です。早いところでは8月から発売開始されていました。

私が使っている手帳たちですが、ここ最近では大きな変化は……たぶんないです。
そういえば、ここ最近使っている手帳について記事にしていなかったので、記事にします。

主に綴じ手帳

主に使ってる手帳たち

主に使ってる手帳たち(除くシステム手帳)


綴じ手帳、これだけ使っています。

  • 未来管理系…4冊
    • PAGEM ウィークリー (2018~)
    • CITTA手帳 (2016~)
    • セパレートダイアリー マンスリー×マンスリー(2019~)
    • 大人の時間割帳 (2019.7~)
  • 日記・ライフログ系、日々の記録系…3冊
    • 能率手帳ゴールド小型 (2017~)
    • ほぼ日手帳カズン (2013~)
    • ほぼ日手帳オリジナル (2009~)
  • その他メモなど
    • ハンディピック ページノート(5mmドット方眼) (2018~)
    • ハンディピック 時計式予定表 (2018~)

システム手帳については後述します。

未来管理系について

未来管理系(4冊)

未来管理系


4冊使っていますが、「世間一般のイメージ通りなスケジュール管理」の使い方をしているのは、1冊(PAGEM ウィークリー)だけです。残りの3冊は、

  • 時間調整用(CITTA手帳)
  • コミケ・コミティア等参加、本の作成進捗の設定・管理用(セパレートダイアリー)
  • ブログ記事作成管理用(大人の時間割帳)

となっております。
本の進捗管理用の使い方については、22日ごろにネットプリントで配信予定です。

常時持ち歩いてるのは、最初に述べた「世間一般のイメージ通りなスケジュール管理」の1冊。あとはブログ記事作成用を持ち歩くことが多いです。のこりは原則として自宅置きですが、週末手帳タイムで持ち出すことがよくあります。

常時持ち歩き系

常時持ち歩き系(3冊)

常時持ち歩き系


これらは常に持ち歩いています。
それぞれ下記のように用途をわけています。

  • 能率手帳ゴールド小型……日々の記録、メモ(すぐ書く用)。前年12月頁を「今年の予定、今年~6年先の展望」等を書くためのページに転用。
  • システム手帳micro5……ICカードケース(電子マネー、交通関連用)、バレットジャーナルのDaily logのような使い方。
  • スマートフォンケース(ハンディピック)……思いつきメモ。内容・分量がやや多めのもの。

能率手帳ゴールド小型の「今年~6年先の展望」の内容と書き方については、22日ごろにネットプリントで配信予定です。

能率手帳ゴールド小型とmicro5については、2019/04/27春の手帳オフ・午後の部メモ(主に自分がしゃべった内容)でも少々触れていますので、こちらも参考になるかと思います。

ほぼ日手帳系~カズンとオリジナル~

数年前より主力から外れてしまいましたが、用途が減っただけで、今でも使い続けております。

ほぼ日手帳カズン

2017年あたりから諸事情で持ち歩きが困難となり、自宅置きとしました。毎日書いているわけではなく、書きたいときに一気に数ページ使うパターンです。すでに日付が打ってあるので(ここ重要)、書きたいときにあとからその日付のところを中心に埋めることができます。

ほぼ日手帳オリジナル(avec)

2017年からavecを使っています。半分サイズなので、持ち歩きに都合が良いです。だいたい毎日、見かけた面白い言葉とかそういうのを書いています。書いたことを何かに活用することは全く考えておりません。
TSブラック・ベーシックの革が気に入っていて、他のカバーに変えることができずにいます(笑)。

システム手帳系

システム手帳系(6冊)

システム手帳系


A5、HB×WA5、バイブル、ミニ6、マイクロ5、システムダイアリー、と使っています。
A5とHB×WA5は大きいのでいっぱい書けるのがよいのですが、取り出しに時間がかかるので、まとまった時間をとるとき以外はなかなか使いません。

  • バイブル……「財布」用途です(笑)。お札と、出費メモとカード類。
  • A5……ほぼ日手帳カズンのカバーにシステム手帳+ツイストリングノートを入れて利用。前者は自作バーティカル+ホリゾンタルリフィル、あとは各種短期的メモ。後者は長期的メモなど。
  • HB×WA5……バイブルの出費メモの移動先、各種出費一覧、便覧、デイリータスクメモ(micro5)の終わったぶんの仮置き場、など。
  • ミニ6……雑多なメモ用
  • システムダイアリー……【メモ】横罫C-42を入れて、整理されたデータを記入する用 【便覧】時刻表など

ミニ6の中身

twitterでちょっと紹介しました。無印良品のパスポートメモを入れています。

悩みと課題

これだけあると、A5とHB×WA5で使い方を調整したい、ミニ6とシステムダイアリーで用途の再調整をしたい、など、急いではいないが解決させたい問題は多いです。
あと、うちにあるいろんなバインダー(ジャケット)が眠っている件ですね。特にA5。たまにはClipbookとLuftを持ち出して使ってみたい、という気持ちもあります。

車載専用手帳について

こちらは当初から変わらず「ほぼ日手帳WEEKS」です。

車載用手帳(ほぼ日WEEKS)

車載用手帳(ほぼ日WEEKS)

関連記事

2019/06/01手帳オフ@名古屋で紹介した手帳・文具たちに、上記で出てきた手帳の一部を紹介しています。
※手書きでまとめてあります(PDF)

手帳の使い方インタビュー#93 さやまゆきさん×能率手帳ゴールド小型、A5システム手帳、CITTA手帳、トコだけ手帳、ほぼ日WEEKSなど (藍玉スタイル)。2018年4月、藍玉さん手帳インタビュー3度目の登場です。このときに現在のベースが確立していますね。

まとめ

これだけありますが、使う場面・場所とタイミングで使い分けています。
内容が被りそうなものは、ぎりぎりまで内容反映の遅延を許容させるようにしています。
手帳においては「大は小を兼ねない」「小は大になりえない」と考えていますので、どちらかに寄せる、ということは考えておりません。