Archive for the ‘昔話’ Category

たぶん十数年ぶりに読み返した:吉本ばなな「キッチン」

今日の夕方、ふと読み返したくなった本が1冊ありました。

吉本ばななさんの「キッチン」です。

改めて読みたくなったきっかけですが、藍玉さんのブログでたまたま昨日見かけて、「昔読んだよねえ、そういえばどんな話だったけ?」と思ったからです。
たとえ絶望してもすべてが人生の糧になることを忘れずにいたい | 藍玉スタイル
記事を読んで、自分の視点では気づかなかったなあ、ということが、まず印象に残りました。
そして同時に、「そういえば、この前押入整理した時に、手前の箱にあったよ!」ってことを思い出しました。そんなわけで取り出してきました。
押入手前の段ボール箱に居た本たちの一部
奥付を見たら、1994年!!20年前ではないですか。
奥付。1994年。いまから20年前。
(確かに、この頃「とあるきっかけ」で買ったことを思い出しました)
表紙がなんか違うなあと思ったら、このときは福武文庫から出てたのですね(いまとは違う)。

改めて読んで感じたことですが、「あー、なんか世界観がちょっと不思議なかんじがした」。
いかにも私が好きそうな展開。
リアルに存在しそうで、どこか存在してないような、そんなかんじがしました。
今回気に入った場面。みかげさんが見た夢の中の1シーン。

でも、君はちゃんと元気に、本当の元気を取り戻せばたとえば僕らが止めたって、出て行ける人だって知ってる。けど君、今はムリだろう。ムリっていうことを伝えてやる身寄りがいないから、ぼくが代わりに見てたんだ。

一人じゃどうにもならなくなっちゃってる人が目の前にいるときに、どうしたらその人を救うことが出来るか、っていうこと。
そう。今の自分があるのは、いろいろと助けてもらったから。そんなことを思い出してました。
自分にとって「どん底」というかんじの「絶望」は、1998〜9年と2010〜1年なんですよね。死にかけたとかいろいろと。
参考

あと最後に、「えり子さん、かっこええ。」、これはたぶん(読んだ当時と)変わらなかったですね。
当時と違ったのは、ちょっとした既視感のようなものをかんじたこと。「なんか被るなあと思ったら、『暇だから、過去の家族話でも聞いてくれないか』に出てくる缶バッチくんの母ちゃんだ…」、って思ったことでした。

そして、3年前の今日の「ほぼ日手帳」に書いてあった一言が、これでした。
実は、辛かった最後の日。

明けない夜はない。

なお、この2日後の記事が、これでした。→一回休み。(3年前の今頃の話)

おまけ。
こちらは(逆に)、下に張り付いた(絶望の領域だった)じゃなくて上にぶつかった話。
20年くらい前に、自分の「天井」にぶつかった話。(1994年くらいの話)

ふと、昔、ロリィタやっとったことを思い出したなど。

話題になっていた漫画がありましたので読んでみました。
コンプレックス・エイジ (第63回ちばてつや賞入選)/佐久間結衣 コンプレックス・エイジ – モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

あああああああああああああああああああああああああああ
俺昔ロリィタやっとったわああああああああああああああああああああああああ

………そんなことを思い出しました。
正直、来年40になるうえに、過去通ってきた道でした……なんというか、読んでて切なくなってしまったとか。

てなわけで、昔ロリィタやってた証拠です、ってことで、引っ張り出してきました。
その1
その2
取り出して、ちょっとなつかしくなってしまいました。
今はもう全然着れないですけどね(いろんな意味で)。あと、着る服の方向性が変わったのも。
もう、今着ても似合わないかなって思う。

そして。
このうちの1着は、2006年に福岡出張のときに買ったなあということを思い出したり。
2006年買った時の領収書(手帳より)
このへんをさくっと手帳で出してくるあたり、最近の私らしい…。

でも、この5年後、福岡に引っ越してるんだよね。
当時はそんなこととか全然考えてなくて。
そう考えると、結構面白い。

20年くらい前に、自分の「天井」にぶつかった話。

昔話です。

先日、調子を崩して会社を休んだ日のこと。
ようやく回復した夕方あたり、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」5巻を一気に読み終わりました。

アニメだと、1期の12.5話〜15話の部分ですね(Web限定公開の話)。

読んでいて、自分の25年前〜15年前のことを、ふと思い出してしまいました。
一週間くらい前に書いた「何故ここまで「俺妹」にどハマりしたわけ。」の、「好きなキャラは?」のsectionの話になります。

当時のこと。

20年以上前の話になると思います。
中学は進学系の私立に通ってて、高校から県内で一番の公立に通ってました。
どちらでも学業での成績は最上位でした。(とはいえ、国語がどうしても点数とれなかったけど…苦笑)
そんでもって、大学受験ですごく頑張って、すごく有名な国立大学に受かって、入学しました。
しかし、そのあと、ついていけなくて、すごく苦しかった記憶しかありません。
自分がなにやっても敵わない連中ばっかしの世界。
ほんと凄い連中ばっかしでした。
「なんでこんなのすらすら解けるんだよ」的。
それでも頑張ったけど、やっぱし駄目でして。
結局、6年半くらい在学して中退しました。

たぶん、このときが、初めて味わった、自分の「天井」にぶつかったときだと思います。
しかし、2年次→3年のときの、希望学科への振り分けでは、なんとか頑張って第1希望に行けたので、実はまだ捨てたものではなかったんだなあ、と。

余談ですが

体育は苦手でした。
水泳……小学校4年まで泳げませんでしたw
4年の夏休みに特訓受けて、50m泳げるようになりました。
苦手とかいいつつ、唯一、長距離走「だけ」得意だった記憶があります。

昔話になっちゃいましたが

まあ、私自身、そんな過去がありまして。
でも、こんな過去があったからこそ、今があるんじゃないかなあ、と。

あのとき受ける大学が違ったら、おそらく今の自分はいなかったのかもしれないな、と。

昔話で終わらせたくないので

そして、福岡に来て。
再び、自分の強みが活かせる分野、まだあるじゃん、ってところに気づきまして。
まだがんばれる、そんな気持ちになってます。

ふと思い出したので、書いてみました。