ネットプリント(てちょぷり等)の保管について

おそらくですが、毎年A4相当100枚近くをプリントアウトして保管してるような気がします。
実はここ最近保管方法に悩んでいて、結果としてたどりついたのが、下記の方法となりました。

「無印良品クリアホルダー(サイド)+ファイルボックス」で解決

この組み合わせとなりました。

クリアホルダー32ポケット×6でファイルボックス(スタンダードA4)に入ります。

「中長期的に規格として合わせられる」メリットを最大優先した結果です。
あとは、出し入れのしやすさです。

以下、詳細について説明します。

紙の収容:クリアホルダーについて

クリアホルダーはサイドから差し込むタイプ、32ポケットにあわせることにしました。
(60ポケットでもよいのですが、でかくなりすぎる…!)

クリアホルダー


サイド収容にすると、A3も見開きで収容できるのがよいです。

A3用紙を入れた例

クリアホルダーの収容:ファイルボックスについて

このクリアホルダーをファイルボックスに収納します。

ファイルボックス


ファイルボックス(スタンダードサイズA4)1個につき、32ポケットタイプのクリアホルダーが通常6冊入ります。

クリアホルダー+ファイルボックス

ラベリング:テプラSR150

いつごろのものかわからなくなるので、おおよその投入開始時期、ならびに時期の参考になるラベルを作成し貼ります。作りたいときに作れる量だけ出せるのがよいです。

テプラ(SR150)

部屋内での位置

現在、ちょっとしたスペースに置いてあります。あまり高くするとよろしくなさそうなので、2段にとどめております。

クリアホルダー+ファイルボックスによる収納

「まとめ買い」のすすめ

買いに行く手間が省けて、ちょっと安くなります。

なお、ファイルボックス10個まとめ買いすると、このような箱で到着します(笑)。

クリアボックス10個は、これで来る。


ちなみに、中身はこうです。

クリアボックス10個


ずらっと10個入っています。

おまけ・コンビニでネットプリントを出す時に持って行ってるもの

2019/04/27春の手帳オフ・午後の部メモ(主に自分がしゃべった内容)でも既に紹介していますが、キングジム「フラッティ(A4 SIZE)」+A4クリアファイルです。

フラッティ(外観・閉)

中にクリアファイルを大量に入れています。

フラッティ+クリアファイル(中身)


プリントアウトしたものはクリアファイルに入れて
途中で折れ曲がったりすることもないので、とても便利です。

扉(ふた)の部分はマグネットになっていて、しっかり閉まります。
ちなみに、開けた状態。

フラッティ(外観・開)

鞄の中でもぐしゃっとならないし、取り出しや入れたりするのも楽なので、ずっと愛用状態です。

さいごに・まとめ

サイズ合わせることと、ラベルつけておくのは、だいぶ助かるし楽になるなと実感しております。
残りの課題としては、過去の印刷物をどうやって探し出して取り出すか、かと思います。(こちらは「情報管理」の部分なので、別に仕組みを作らないといけないですね)

補足

文中内画像に出てくる印刷物は下記から入手できます。

(´-`).。oO( ステマ……


Comments are closed.