長い夢を見た。

○長い夢(しかもほぼ全部内容を覚えてた)

●2010-06-15 03:51:34 by YoruFukurou
・・・目覚めた。今日はなかなかぐっすり寝られない。そして、不思議な夢を見た。(続く)
●2010-06-15 03:52:51 by YoruFukurou
見た夢が結構楽しかったのと、ほぼ記憶に残ってるので書き留めておく。(続く)
●2010-06-15 03:55:47 by YoruFukurou
(夢:1)場所は、わからないけど、たぶん日本のどこか。渋谷駅の西側のバスターミナルのような場所・・・いや、雰囲気はとてつもなく寂れてドロドロした雰囲気のところだった。・・・を歩いていたら、いきなり銃撃戦が始まる。ヤクザみたいなのとスーパー警察隊みたいなのとで。
●2010-06-15 03:57:49 by YoruFukurou
(夢:2)「危ない!」ということで、私は咄嗟に伏せて物陰へ。そこへちょうそスーパー警察隊の一人が「危ない!」ということで、私を安全なところに誘導。お互い伏せたままの移動。・・・たぶん、数訳メートルほど移動しただろうか。狭いところを抜けたりしつつ。銃撃戦の場所からは離れた。
●2010-06-15 04:01:00 by YoruFukurou
(夢:3)スーパー警察隊のお兄さんとはここでお別れ。 そして、到着したのは、ごちゃっとした都会のど真ん中の古い住宅密集地。割と古いおうちばかり。火事でもあったら一気に全部燃えそうなところ。そのなかの一軒のおうちに入った。古い木造家屋。
●2010-06-15 04:04:32 by YoruFukurou
(夢:4)そこで、私は、不思議な出会いをする。そこに住んでいる、たぶん10代後半から20代前半であろう女性と出会う。なんというか、全体からパワフルな雰囲気が出てて(そして、実際パワフルで活動的なんだけど)、どこか不思議な人でした。
●2010-06-15 04:08:55 by YoruFukurou
(夢:5)(※注:その人の名前が思い出せません)以降は「不思議にパワフルなコ」とでも呼ぼう。 お邪魔したおうちには、そのコやそのコの友達も一緒にいて、なにやらだらだらと遊んでました。初対面のはずだったのですが、昔からの知り合いみたいな感じで私も一緒に遊んでました。
●2010-06-15 04:10:32 by YoruFukurou
(夢:6)主に・・・ゲームをやってたと思います。 遊んでいると、スーパー警察隊の方々が来まして。てっきりその「不思議でパワフルなコ」が何かやらかしたんじゃないか、また、例の銃撃戦相手のグループ(夢:1に登場)に関係あるんじゃないかと思ったら、
●2010-06-15 04:11:45 by YoruFukurou
(夢:7)「・・・気をつけなよ。」とのこと。まあ、そういう連中との関わり合いは全くなさそうなかんじのコでしたし、内心、ほっとしました。
●2010-06-15 04:14:16 by YoruFukurou
(夢:8)そのあと、私は、何らかの用事(※注:なんだろうか、思い出せない)のために、いったんそのコの家をあとにして、街に出ることにしました。かなり大急ぎで。 歩道橋を渡ったり、地下道をくぐったり、建物の中の連絡通路を通ったりしつつ、用事の場所へ到着し、用事完了(だったと思う)。
●2010-06-15 04:16:20 by YoruFukurou
(夢:9)用事が終わったので、「せっかくだし、なんか(おやつみたいな)食べ物とか買って帰ろうかな」と思い、携帯電話を取り出してさっきのコに電話した。「はろー!」やけに元気のいいじいちゃんが出た・・・あ、そーいえば電話番号変わったんだった。
●2010-06-15 04:17:38 by YoruFukurou
(夢:10)新しい電話番号は別の携帯に入れっぱなしだったことを忘れてた。しかもそいつを持ち歩いてない。まあ、仕方ないなー、ということで、さっきのコの好きな食べ物を買った。そして、帰ろうという段階で、そのコの家までわりといい距離があることが判明。タクシーを拾って帰ることにした。
●2010-06-15 04:22:24 by YoruFukurou
(夢:11)ところがなかなかタクシーがつかまらず。信号待ちのタクシーをようやくつかまえて乗り込む。「▲×○◎まで!」「了解っ!」タクシーは信号の次で高速道路沿いの細い道に入り、飛ばしはじめた。わりと不思議な雰囲気がする道でした。
●2010-06-15 04:24:50 by YoruFukurou
(夢:12)途中、ちょいと複雑な道を抜けつつ、目的地近くの、「不思議にパワフルなあのコ」のおうち近くに到着。そこから徒歩1分程度、坂をちょいと上って、目的地到着。「ただいま」
●2010-06-15 04:26:41 by YoruFukurou
(夢:13)そして、たまり場状態のそのコの家で、おみやげに買ってきた食べ物(どうやら、肉まんみたいなの)をみんなで食べ始めつつ、ちょっと深刻な話(※内容は忘れた)を始める。
●2010-06-15 04:27:41 by YoruFukurou
若干端折りました(その部分に関しては、忘れたともいう)が、夢の内容は以上でした。長々と失礼しました。 抜けがあるのにここまでかかるとか、結構な分量。

ここまで長いのをはっきり覚えてるのは珍しいです。
同人イベントにサークル参加してた時代なら、これで即書き始めてたレベル。
 
これだけの長さはよく見るけど、大抵夢10くらいまでをばっさり忘れます(笑)


One Response to “長い夢を見た。”

  1. […] 私の場合、用途は完全に決まっていて、 (1)月間スケジュールの設定(おおよそのプラン)→年間インデックス (2)日ごとスケジュールの設定(日時が確定してるもの)→月間カレンダー (3)その日あったことや思ったこと、見た夢など。→日ごとのページ これに限っています。 (1)は流れを把握するために。 (2)は決まった予定を逃さないためと、イベントの衝突回避のため。同時に日ごとページのToDo欄(上部)にも書いています。 実は自分にとっては(3)がキモでして。 「その日何があったか」、つまり「自分に起こった出来事が何か」を思い出すためのツールとなってます。 ですから、たまには思いついたこととかも書いていたりします(流石にこれは見せられない・・・)。 そして方眼1つに1〜2文字埋める勢いでびっしり書いてます。 欄に関して制約事項がないので、内容ごとに色分けして好き放題書いてます。 繰り返しますが、決めていることは「内容と色の対応関係」と「とにかくその日に遭遇した、印象ある出来事をすべて書く」ことだけです。 寝てるときに見た夢も例外ではありません。目が覚めたときにやるのが見た夢のレビュー…ってのが日課という状態です。 レビューの例:長い夢を見た。 « ゆきろぐ・ぷらぷら […]