「這い上がれない」君たちへ

いきなり仰々しいかんじのタイトルになってしまいましたが…(笑)
真っ先に浮かんだのがこれでして。

2010年の夏のこと。
いま、自分は不幸せで、どん底で、いまの現状からなんとか脱したいけど、どんどん逆の方向に向かってる。
そういう状況に陥ってどんどん状況が悪化していってる…というかんじでしょうか。
絵にするとこんなかんじ。

こんなこと書いてた

去年8月に手帳にこんなこと書いてたのでそのまま転載してみた(笑)

それにしたがって今を書いたらこんなかんじ。

いまのかんじ

とりあえずは1つ目の「厚い壁」を越えられた気がします。

どうやったら、這い上がれたか?
まあ結論から先に言うと、正直、地に足をつけていくしかない、ってこと。
あと、昔から「人を大事にしてたこと」かも。

「あのとき」から心がけていることといえば、この5つかな、と、思い返して。

  1. 他人を大事にする。誠実であれ。
  2. 自分の「心の声」に耳を傾ける。
  3. 自分をぞんざいに扱う人からは全力で逃げる。振り切れ。
  4. まず、目の前の課題から片付けていく。
  5. たまには「離れて」みる。

それぞれについて、ちょこっとだけコメントしようと思います。

1.他人を大事にする。誠実であれ。

他人を大事にすればおのずと人は寄ってきます。
逆に大事にしない人はどんどん離れていきます。後述3.でも書いてあるとおり「離れろ」と書かせるくらい。
目の前の人とちゃんと向き合うことです。逃げていてはだめです。
そして、誠実であること。誠意をつくすこと。

2.自分の「心の声」に耳を傾ける。

「心の声」が発する危険信号はだいたいあたってます。
「辛い」「疲れた」と思ったら、無理しない。
「やばい」と思ったら、深入りしない。
ただでさえエネルギーやリソースを使いすぎて消耗しているときです。
足掻いても、さらに悪い方向に進んでしまうだけ。
あと、「直感」を少しは信じてあげることでしょうか。

3.自分をぞんざいに扱う人からは全力で逃げる。振り切れ。

「相手を否定して自分の優位性ばかり語る人間」にろくなのはいません。はっきり言うと、クズです。
そんなのに足をひっぱられる必要なんて全くありません。
とにかく全力で逃げてください。
ひどい場合は自分にとってマイナスになるだけでなく、将来への「借金」にさえなります。

4.まず、目の前の課題から片付けていく。

課題がいっぱいあるときは、まず目の前にある急ぎのものから着手。
いっぱいありすぎてわからない場合、「仕分ける」ことから始めるのもありでしょう。
自分一人の力ではなんともならない場合、他人に助けてもらう、というのもありでしょう。

5.たまには「離れて」みる。

ネット(特にtwitterとか)は面白いですよね。
つい入り浸ってしまうのもわかります。
そして、ノイズも多くて、たまに無関係な人がかみついてきたりすることがあります。
そういうときに受け流せない場合、いったん「離れる」のもいいと思います。
そうでなくても、たまには「離れて」みて、違う世界を味わうのもいいのではないでしょうか。

最後に。
いろんなひとの手助けがなかったら、ここまで立ち直れなかったのも事実でして。
ほんとう、ありがとう。

今度は、自分が誰かを手助けしなきゃならないターン。

これ読んで思い出したので書いてみました。
あなたの人生をシンプルにする20の方法
正直20も多いよw
「なんかうまくいかない人」にとっては、解決のヒントになるんじゃないかなと思います。


Check

Comments are closed.