引っ越しに際して、部屋を居心地よくするためにしたこと、心がけてること。

1ヶ月くらい前に引っ越ししたわけですが、今回改めて居心地よく過ごすために心がけてることを書こうと思います。

まず、もともと心がけてたこと。

  • テーブルや机の上には、非アクティブ時(使ってない時)はモノを置きっぱなしにしない
  • 床の上には、家具以外のモノを置かない

あと、引っ越しする時に気をつけたこと

  • 使うモノの系統を極力あわせて、その系統ごとに段ボールに入れる
  • 長くても3年間アクセスの無かったモノは原則として捨てる(ただし、アルバム等は例外とする)

1番目は、引っ越した後でも段ボールをひっくり返すとかする必要を避けるためにしたこと。
2番目は、モノを減らす上での原則。

そして引っ越した後も気をつけていることは以下のとおり。

床の上にはモノを置かない。

床の上にはモノを置かない。

大事なことなので二度書きました。

起きたら布団はたたむ。万年床絶対禁止。

テーブルや机の上には普段使わないものは置きっぱなしにしない。常時置いてる場合はカゴ等に入れておく

テーブルや机の上には普段使わないものは置きっぱなしにしない。常時置いてる場合はカゴ等に入れておく

これも大事なことなので二度書きました。

モノは分類ごとに定位置へ

これはおまけですが、威圧感をなくす的意味で。
(原則的に)目の位置より高いところにモノは置かない。
床から120cmより上にモノがあると、威圧感が増して、見上げるレベルになると威圧感が一気に増します。

これから引っ越す人の参考になれば幸いです。
時期的にも増えるかなと思いまして、書いてみました。


Comments are closed.