2015年手帳の使い分け(用途)をまとめてみた

2015年は最低でも3冊(あと1冊届く予定)使うこととなりました。
2015年手帳(現時点でのメイン)
現時点手元にあるもので、使い分けが決まってるのは下記のとおりです。

  • 【日記用】ほぼ日手帳カズン(1月始まり)
  • 【予定用】ジブン手帳 LIFE + DIARY2015
  • 【仕事用】NOLTY Ecri + RHODIA NO.13 (ほぼ日オリジナルカバー) 

仕事用のNOLTYについては、2014年仕事用手帳と2015年仕事用手帳についてにまとめたとおりです。

記載していないあと1冊は「Hobonich Planner」ですが、こちらは本当に「まとめる前のメモ」みたいなかんじで使う予定です。
実を言うと、今年も同様の目的で「Hobonich Planner」を使っております……こちらは途中(今年後半)からです。

一番大きな変更点:ジブン手帳の導入

手帳関連の話題を追っかけていると、必ずといっていいほど出てくる(ファン数もかなり多い)「ジブン手帳」というものがあります。

まあそれだけ話題になると気にならないわけがないわけでして。
チェックしてみると「DIARYは、ウィークリーのバーティカルタイプだから、(自分の用途だと)ライフログ的には絶対使えない」と思っていました。(バーティカルで失敗した経緯については、2006年から使ってる手帳、これまでをたどってみる。に書いてあるとおりです)

ふとなんとなく「ほぼ日カズンのウィークリーページをそのまま持ってこれるんじゃないか?」と思ったのもあり、試しに買ってみて試したところ、案外うまく移行できそうでしたので、思い切って移行することにしました。
元々、ライフログ中心のほぼ日カズンが機動性の問題(鞄より取り出しにくい)を抱えており(でかすぎて、予定チェック・照合がしづらい)、そろそろ分割したほうがいいのではないかと考えていたところでした。

移行のポイント

まず、現在の「ほぼ日カズンのウィークリーページ」の使い方ですが、去年の今頃くらいにだいたい確定させてました。下記にまとめてあります。
ほぼ日カズンの週間予定欄の使い方を(ちょっとだけ)変更してみた結果。

そして、このほぼ日カズンの週間予定表の上側の使い方を、そのままジブン手帳DIARYのウィークリーの下側にそっくりそのまま持ってきただけのかんじになります。
そのまま持ってきたのは以下の2つ。

  • 上のほうの時間帯(6時〜8時半)を、「その日の予定」欄にする
  • これまでのチェック欄は『2日以上にまたぐ予定』を書く欄にする

これを、下の欄へ記入することにしました。
あらかじめいいかんじに区切られてるので、毎週線で区切る必要がなくなりました。これは助かります。

そのまま持ってきたけど、拡張されたのが以下の項目。

  • 8時半以降はこれまで通り、「その時間帯の予定」欄のまま

ここは素直に24時間扱いとなりました。

そして、引き継いでいないのは以下の1つ。

  • 一番上(日付とチェックリストの間)は、「出勤予定」(オフィスに顔を出す予定日)欄にする

こちらは勤務体系がまた変わっちゃったので(実を言うと、関東へ転勤となりましたので…笑)、廃止となりました。

ちなみに、最初のDIARYウィークリーページは、このようなかんじとなっております。
ジブン手帳DIARYのウィークリー使用例

使ってみた感想

これ以外でよく使っているものとして、カバー。
名刺や乗車券などの、(短期の間で)必要な紙や印刷物を入れておくのに便利です。
ちょっとしたものを入れておくために使用

特に大きな変更はなし:ほぼ日カズン

元々デイリーを日々のライフログ中心に使用していましたが、こちらはこの用途をそのまま継続。
予定管理機能をジブン手帳へ移行させたので、完全にライフログ中心に集約させたかんじになります。
移行で空いたウィークリーページは、デイリーページに入りきらなかったものを貼っていくのがメインになりそうです。

2015年の使い分けと2014年からの変更点のまとめ

2015年の手帳使い分けを時間軸でわけてまとめると、こんなかんじになります。
2015年手帳使い分け

そして、2014年からの変更点も併記してみました。
2015年手帳、2014年からの主な変更点

新たに「気合い入れて新しい使い方をするぞ〜」ということは全くなくて、継続または既存の使い方を別の手帳に再割り当てしたようなかんじでしょうか。


Comments are closed.