また歳食った

………ええ、気づいたら38ですよもう。

37歳からの1年間は「脱却」が目標でした。

まず37になる前…2月からとりあえずバイトをしつつ仕事探しをしていましたが、なかなか見つからない状況。
そして、5月の時点ではまだ東京にいて、なかなか仕事が決まらなかった状況。
震災とかなんやらかんやらで「東京にはもういたくないな」「機会があれば福岡に引っ越したいな」と思ってた頃。
でも、7月下旬にひょんなことから福岡に引っ越すことになりました。
(そのへんのはなしはなぜ福岡に引っ越したのか(または震災を振り返って)にまとめてます。)
8月に入ってから仕事探ししつつバイト再開。
9月、天神であったIT系勉強会イベントに顔を出して、(自分のいるべき業界における)福岡の空気の面白さを改めて実感しました。
そして、不思議な縁がありまして、10月中旬にいまの会社に入社となりました。過去やってきたことが思わぬ形で活きてるかんじです。
9月〜10月上旬は、食品工場のバイトで結構ハードなことしてたなあと。正直、二度とやりたくないですが…(苦笑)。
そして、8月くらいに目標にしてた「仕事が決まったらこれを買う!」ってのが、実現できました。

そして、今年入ってから。
第一ポイントから脱却出来たかも…というかんじにはなってきたかも。
それについて書こうとしたら既に書いてたのでリンクだけ。
「這い上がれない」君たちへ
あと、特に最近、ネットでたたき合いが多すぎる気がするので、「疲れたなぁ」って思った人は読んでみるといいかもしれません。

あ、そうそう。
1つさみしかったのが、関東から九州に引っ越して、7コール喪失したこと。

ここまで書いて。
ふと過去記事を読み返して「これだ!」って思ったのが1つありました。
去年の1月に書いたこと。
何か足りないな、と思ってた。

今日午後に、近所の公園を散歩してたときにふと思ったこと。
「最近、わくわくすることしてないなー」
つまり、今はわくわく感が全くない、ってこと。
何か面白いことないかなーと。

・・・それだ。
それが抜けてるんだ。
そんなことに気づいた夕方でした。

余談。
2月16日の「ほぼ日手帳」の言葉がすごくよかったから掲載。
本当の意味で「人を助ける」ってことで、大事なことだよねと。

あ、そうそう。
「這い上がれない」君たちへ、ってタイトルで書いたから、
「這い寄りたい」君たちへ、ってタイトルって需要ありますか?(笑)
(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

って冗談はさておき。
なんかひたすら「引用」続きだったから、ここからはそういうの無しで書いてみようと思う。
ふと。この1年で、自分は変われただろうか、と言われて。
「変われた」、と思う。
「変わりたくて変わった」ところはあるかもしれないけど、「気づいていたら変わっていた」ところも多々あるかもしれない。
そしてそれらは自分一人では絶対に出来なかったこと。
いい方向に導いてくださった、みなさんには感謝してます。
だから、みんなに、ありがとう。

そして、うまく言葉に言えないけど。
言葉にはうまく表せないけど、「今度は自分が困ってる人を上手に助けるターン」。
本当の意味で「その人が幸せになるための裏方」をする出番。
幸せになるべき人が主人公であり、そう導いた人は裏方。「俺が幸せにした」なんて、幸せになるべき主人公の立場を奪っちゃだめっしょ。

うだうだと書いたけど。
大事なこと。
・まずは「やりたいことを1つでもいいから作る」
・はったりでもいいから「いつまでにそれを実現する」を決める
これだけでも変わるかも知れない。
「そのうちやる」「いつかやりたい」…って言いたくなるけど、「そのうち」「いつか」は絶対に来ないから。

長々と書いたけど、なんだかまとまらなかったかもしれない。多分まとまってない。
何か書きたいことがあったら、また書くと思う


Comments are closed.