前に進めましたか?>自分

そういえばもうそろそろ今の会社での勤務1年が目に見えてきたなあと、ふと気づきました。
そして、去年の今から前に進めたか?って。

そんななか、このブログの記事が話題になっていました。
ZOZOPEOPLE | 前澤 友作 – 前澤です。

約2年振りのブログ更新です。社内全スタッフにメッセージを発信しました。原文のまま失礼します。

ZOZOTOWNを運営してるスタートトゥデイの社長前澤さんの言葉です。
いろいろと考えさせられるものがありました。

正直にお客さまと向き合いましょう。顔が見えなくたって心と心で繋がれる。絶対友達にだってなれると思うんです。ブランドさんへの敬意はいつまでも忘れずに。一緒に良いものをつくるんだっていう気概で。投資家だってみんな応援してくれてます。

会社というのはお客さまがあってこそなんですよね。

ふと。
1年半以上前に買った本を読み返してました。

この本には出会ってよかったなと思う1冊でした。

そのなかで今日思いだしたのがここ。

67.悩んだら、「踏み切り、割り切り、思い切る」

 毎日は小さな決断の連続です。当然、自分の判断に迷うこともあれば、えいやと踏み出しはしたものの、この道を進むことが本当に正しいのかどうか悩むこともあります。迷い、悩みにとらわれると、人は立ち止まってしまいます。
 過去を振り返り、「あの時、こうしていれば」「あそこで、別の選択をしていれば」と、「たら、れば」を言っては後悔することもあるでしょう。
(中略)
「話が違うと嘆くのは簡単だ。でもな、おまえはもう踏み切ったんじゃないか。そしたら割り切って一生懸命、もう一度努力する。それから思い切っても遅くはない。世の中は踏み切り、割り切る、思い切るの三切るなんだぞ」
 三切ると聞いた時、「なるほどな」と思いました。
 自分で決断をした—–それは踏み切ったということです。
 進んだ先で思わぬ事態が待っていた。これは愚痴を言っても始まりません。割り切って立ち向かえということです。そして、新しい場所で悩み、戸惑うのは当たり前なのだからできることはやるべきだ、と。

過去の反省は必要だけど、過去のことをいちいちひきづらないこと、一度やると決めたことを二転三転しないこと。
二転三転しちゃうと、周囲の信頼を失ったりしちゃうんだよね。
自分で会社をたちあげてからは、そういうことは絶対にしないようにしてきた。多分守れてきた。

あと。

23.状況が悪い時ほど、お客様に向かっていく

そういう時こそお客様を大切にしないといけないなってのは本当だと思う。

果たして。
この1年で本当に、自分は少しでも大きくなれただろうか。


Comments are closed.