「好き」を仕事にしていいのか?

定期的に出るこの話題。

このテの話題で必ず出るのが「好きなものを仕事にするな」ってことば。
自分の中ではこれに対してものすごく違和感を覚えていたのです。
かれこれ13年くらいいまの分野で仕事をしているものですから。

そして、今日、ふと。
「好きなものを仕事にするな」の違和感の正体がわかったなあと。

たぶん、「好きなものを仕事にするな」と言ってる人の指している「好き」ってのは、
私がアニメとかあのへんにどハマリしてる方向の”好き”であって、
私がいま仕事でやってる方向の”好き”「じゃない」ってことじゃないか?ということ、
……なのかもしれないなーと。

仕事でやってる方向(そのものの分野ではないけど)は専用にブログ書いてるレベルです。
一方、アニメにどハマリしてるとかはこのブログの最近の記事からわかるかなと思います。今月上旬に書いた記事とかが参考になるかなと思います。
確かに、自分の中で、この2つの「好き」って、「方向性」というよりは「質」が違うよなあ、と思いました。
そして、後者の「好き」は仕事に出来ないよなあ、と。
あと、前者の「好き」については、「やっていて楽しい」のもあるけど、色々とやってきたこと、得意なことの「裏付け」があるから、だと思います。

ここまで書いて。
そういえば…と思って、過去記事を探していたら…ありました。
進路と天職

しかし。
仕事としてやる以上、どこか「割り切り」って要るよなあと思います。

かといって、「嫌い」を仕事にすると、だめです。続きません。
2011年の頃でしょうか。仕事探しの間にやってたバイト。あれはもう「ここは自分の居場所じゃない」感MAXでした。
まあ、これに関しては、どれだけ「割り切り」できるか、でしょうか。
「金の切れ目が縁の切れ目」みたいなかんじで。
「この仕事は今後おまえのためだぞ、苦労してでも続けろ」と言いつつ、ちゃんとした労働の対価を支払わないところには行ってはいけません。もし気づいても、続けてもいけません。適当なこといって退職しましょう。そこはあなたを「使い潰す」まで安くで使い続けるところです。「自分自身のためになる」かどうかは、最終的に判断できるのはあなた自身なのですから。

ここまで書いていて、もう1つ思い出したこと。
「好き」を複数持っていることも大きいのかもしれないと思います。
もう1つの「好き」を仕事との対極に持ってくるかんじでしょうか。

まとめ。

こんなかんじになるのかな?

  • 嫌いなことは仕事にしないほうがいい
  • 好きなことは仕事にしてもOK!
  • ただし、好きなことは2つ以上持っておけ!
  • 仕事は仕事としてある程度割り切ってしまおう

Comments are closed.